松薗 美帆さん
周りを巻き込み進めていく
圧倒的当事者意識・カルチャー

OGインタビュー松薗 美帆さん

UXリサーチャー
経歴図

リクルートでの印象的なお仕事は?

【転機となったキャリアチェンジ】

「この人のために」改善するというUXデザインの魅力に引き込まれた

初期配属はデジタルマーケティングの部署でHRサービスの集客・広告予算の最適化に取り組んでいました。新しいことを学ぶのは楽しいけどしっくり来ない...と感じていた時、上司に「カスタマー視点」を考えることが好きなこと、大学時代の専攻学問について伝えました。すると、上司から「UXプランナーの仕事が向いてるのでは?」と言われました。UXプランナーの仕事を詳しく知らず、開発に近い専門性の高い仕事という印象を持っていたので自分にはできないのではないかと不安でしたが、様々なタイミングが重なり、UXプランナーの部署に異動になりました。些細なきっかけではありましたが、その後のリサーチの専門職である「UXリサーチャー」を極めるに至る転換点となりました。

未経験のため不安もありましたが、エンジニアリングやデザインの研修など会社のサポートが手厚く、キャッチアップしながら、カスタマーインタビューを元にサービスづくりに携われる喜びを日々実感しました。UXデザインを通して「この人のために」改善するという顔が見える魅力に惹き込まれていきました。

【印象的なお仕事:UXプランナー/リサーチャーとしての成長と横断施策推進】

UXリサーチャーとしての成長と横断施策立ち上げで価値拡大を推進

UXプランナーとして、最初は「とらばーゆ」のアプリリニューアルに関わりました。

少数精鋭チームで裁量権を持ち、カスタマーから得たインサイトを元に仮説を立て、検索軸やテーマカラーのリニューアルなど、様々な改善を積み重ねて成果を出す経験ができました。その後、より規模が大きい「タウンワーク」に異動し、「企画だけでなく、リサーチを上手く活用できる状態を部署横断で実現したい」と思い、「リサーチ」を専門とするチームを立ち上げ、仕組み・場づくりに注力。 納得感・事実を持って企画を考え、起案するサイクルができ、各メンバーの意識も高まり、社内表彰されたことは嬉しかったですね。

現在はどのような仕事を?今後のビジョンは?

社会人大学生として専門性を更に磨き、仕事や書籍を通して社会に貢献していく

UXプランナーの経験を積む中で、「リサーチ」にフォーカスしキャリアを突き詰めていきたいと考え転職。現在はIT金融系企業にて、UXリサーチャーとしてリサーチを手段としてサービス改善に従事しています。リクルートで「不」に着目する経験を積み、現在はより「人生に楽しみを増やす」という方向性に目を向けているので新たなわくわくもあります。

「実践経験はあるものの、学問として学び直すことで強みを生かしたプロフェッショナルになりたい」「しっかりと腰を据えて研究したい」と思い、昨年から大学院に進学し、社会人学生として仕事と両立しています。また以前からUXリサーチに関して「海外の事例が多く日本の事例が少ない」ということに課題感を持ち、事例を作り様々な人に興味を持ってもらう機会を届けたいと考え、「はじめてのUXリサーチ」という本を出版しました。

転職や現在のフェーズは「スペシャリティを極める期間」と位置付けており、将来的には、専門性を武器に事業責任者・推進者としてビジネス側に再度軸足を向けていけたらと考えています。リクルート時代の商品企画役員が元々リサーチャーだったこともあり、ロールモデルとして目指しています。また、信念である「リサーチでお会いするカスタマーの声や小さな1つ1つの意見が、事業に大きなインパクトを生みだしたら、人の可能性を証明できる」という考えを大事に、ステップアップしていきたいですね。

リクルートで身につき、現在生かされているスキル/スタンスは?

自分の「好き」を模索し出会えた環境、周りを巻き込み進めていく推進力と染み出し力

周りを巻き込み進めていく圧倒的当事者意識のカルチャーで働く経験をファーストキャリアで積めたことが大きいですね。現在も専門職ながらその範囲・役割に閉じず、事業に必要な要素に気づき、染み出していくというスタンスが私のスタンダードになっています。

またリクルートという大きな組織で、若手のうちに、いろいろな職種・領域を経験できたことで、自分の好きに出会い、進みたい「道」を見つけられる機会に巡り合い、本当に良かったと思います。