• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリーシートのご提出はマイページよりお願いします。
  • ※<6月の選考をご希望の方>

    1次エントリー締切
    2019年3月28日(木)13:00エントリーシート提出完了まで

    2次エントリー締切
    2019年4月18日(木)13:00エントリーシート提出完了まで

FAQ

既卒なのですが、応募は可能ですか?

卒業している方でも30歳以下であれば応募可能です。

海外にいる場合はどのように選考に参加できますか?

マイページ登録、エントリーシート提出およびWEBテストは、オンラインでご対応いただける内容となっております。
また、面接に関しても、ご来社が難しい場合はオンラインでの面接をご用意しています。 ただし、対面での相性も重視したいため、最低1度はご来社いただきます。

グループ各社との併願は可能ですか?

以下のグループ会社の採用は、株式会社リクルートで一括で行っており、ご応募は1度となります。
以下以外のグループ会社の選考・採用はそれぞれ実施しており、併願は可能です。
株式会社リクルートキャリア
株式会社リクルートジョブズ
株式会社リクルートライフスタイル
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
株式会社リクルート住まいカンパニー
株式会社リクルートコミュニケーションズ
株式会社リクルートテクノロジーズ
株式会社リクルート

面接時の服装に指定はありますか?

スーツの着用はしていただかなくて構いません。面接官も普段仕事をしている格好で面接に臨みます。
他社の選考などの都合がある場合、スーツを好まれる場合など、スーツの着用は禁止ではありません。

グローバルエンジニア職種(Indeed Japan)の募集はありますか?

本年は別サイトにて募集を受付けています。選考フローなども異なりますので、ご注意ください。
Indeed Japanの新卒採用情報はこちらから。

プロダクトグロースコースを希望する場合、プログラミングのスキルはどの程度必要ですか?

プログラミングのスキルは必須条件とはしておりません。ただし、どの業務においてもプログラミングの知識が必要となる業務に携わっていただくため、プログラミングを始め、Webに関する知識やスキル習得に積極的に取り組みたいという意思のある方に、 是非ご応募いただきたいと考えています。

過去3年間の新卒入社の入社者数・離職者数は何名ですか?

2019年度 入社予定者518名
※株式会社リクルートでの採用初年度中のため、2019年1月現在の予定人数となります。

過去3年間の新卒採用者の男女別人数をお教えください。

2019年度 男性 328名 女性 190名
※グローバルエンジニアコースを除く。
※株式会社リクルートでの採用初年度中のため、2019年1月時点の予定人数となります。

リクルートグループの役員に占める女性の割合及び管理的地位にある者に占める女性の割合はどれくらいですか?

管理職に占める女性比率:25.2%
役員(※1)に占める女性比率:11.9%
(※1)主要企業の役員または同等の権限を保有している事業会社の執行役員相当以上の職位を対象
※2018年4月1日時点

首都圏以外の配属はありますか?

ビジネス総合コースについては配属可能性があります。
入社までの間でご希望をうかがい、その上で適性などを鑑み、配属を決定いたします。
(その他コースについてもご本人の都合により希望がある場合は配属可能性があります。)

配属先はどのように決まりますか?

ご本人の希望と適性を考慮した上で、配属先を決定いたします。
内定からご入社までの間には、ご希望をお伺いし、かつご不安やご不明点を解消するための面談をお一人おひとりと実施する予定です。 配属可能性のある会社は以下となります。
株式会社リクルートキャリア
株式会社リクルートジョブズ
株式会社リクルートライフスタイル
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
株式会社リクルート住まいカンパニー
株式会社リクルートコミュニケーションズ
株式会社リクルートテクノロジーズ
株式会社リクルート
※株式会社リクルート以外は株式会社リクルートにご入社の上、配属先の会社へ出向という形になります。

入社後の副業は可能ですか?

兼業や、起業されている方のダブルワークも可能です。
※就業規則に則っている場合に限ります。

福利厚生はどのようなものがありますか?

募集5コース共通で以下の通りです。

○ 休日
年間実質休日数130日(内訳:休日125日、指定休5日)
週休2日(土日祝等、当社カレンダーによる。 ※事業部門により年数回土曜出社有)

○ 休暇
年末年始・夏季・GW・婚姻・慶弔・転勤・産前産後・看護・介護など。

◆ 年次有給休暇
初年度15日付与 。(うち、5日は指定休として消化)
以後毎年勤続年数に応じた日数を付与。(最大25日)
※年次有給休暇の計画的付与の適用あり。

◆ STEP休暇
最大連続28日間、試用期間終了後、勤続3年以上の社員なら誰でも取得できる長期休暇。
仕事を離れ、心身をリフレッシュする休暇として有効活用してもらうため、 一律30万円の手当を支給。
STEP休暇はその後も3年毎に取得可能。

◆ サンクス休暇
日頃支えてくれる家族に対し、感謝の気持ちを示す場としての休暇。
従業員本人や家族の誕生日、結婚記念日、もしくはこれらに準ずる記念日に 年1回休暇を取得可能。
休暇を取得する際、家族の方へサンクスファミリーギフト(手当)を支給。

●その他
リクルート社員持株会、財形貯蓄制度、社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

新規事業提案制度はありますか?

さまざまな制度がありますが、一例として、『Ring』をご紹介します。
●Ring
リクルートグループにおいて開催されている新規事業コンテストの総称です。「新しい価値を創造する」というグループ経営理念を体現する場であり、従業員が自分の意思で新規事業を提案・実現できる貴重な機会です。1983年に『RING(Recruit Innovation Group)』としてスタートしたこの制度は、『ゼクシィ』『TOWN WORK』『HOT PEPPER』『R25』『受験サプリ』など数多くの事業を生み出してきました。

リクルートならではのユニークな研修・学びの場について教えてください。

下記のような研修・学びの場をご用意しております。
●GLOBA(Global Business Academy)
世界の潮流やナレッジ、世界で活躍する人のスキル・スタンスなど、リクルートグループでの仕事にも取り入れたい知見を世界有名ビジネススクール教授やシリコンバレーで活躍する投資家などのグローバルプレイヤーから学ぶ短時間の社内向けセミナーです。
<過去事例>
「マシーンラーニングが未来を変える」 Tom M. Mitchell(カーネギーメロン大学教授)
「イノベーションを日々の仕事の中で生み出すためには」 Paddy Miller(IESE教授)
「クラウドソーシング界に見る世界での戦い方」 Patrick Llewellyn(CEO of 99designs)

●メディアの学校
雑誌やWebサイトの企画・編集を担当するメディアプロデュース職やITエンジニア職を対象に「メディアの学校」を開催しています。メディアづくりに必要な基礎知識から新たな技術や発想の広げ方を学ぶほか、新たなムーブメントを起こしてきた社内事例の共有の場にもなっています。
<過去事例>
「人工知能の到来! 私たち人間はどうあるべきか?」
「最新テクノロジーが切り開く。中小企業生産性革命」
「既得権におけるイノベーション」

●MPケーパ研修
リクルート固有のビジネスモデルである「リボンモデル」の考え方を実践的に学ぶプログラム。
研修はグループワーク中心で「新規事業を考える」というお題に対して体系的に学んでいきます。
ビジネスモデルの深い理解があってこそエンジニア力が活かせるという思想の元、エンジニア職と企画職の合同プログラムとなっています。

キャリア支援制度はどのようなものがありますか?

代表的なものをご紹介いたします。
●キャリアウェブ
各事業がイントラネット上で求人広告をアップし、従業員が自由に応募できる制度を導入しています。応募者と各事業担当者は面接を実施、双方の希望が合えばマッチングは成立し、元部署の上司は拒否権を持ちません。この制度により、従業員一人ひとりのキャリアにおける挑戦を後押ししています。
また、リクルートグループ全体でのキャリアウェブ制度を利用することも可能です。
新卒入社した場合、転籍もしくは出向のタイミングで、入社から満3年が経過している方に応募権利が付与されます。
※面談の結果次第で、必ずしも異動が実現するとは限りません。

女性のキャリアを支援する取り組みはありますか?

下記のような取り組みが行われています。
●Career Cafe 28
今後のキャリアとプライベートの両立について悩みを抱える28歳前後の女性社員に対して、「仕事もプライベートもどちらもチャレンジする女性を応援したい」とのメッセージのもと、外部講師から前倒しのキャリア形成を学ぶ機会や、先輩社員との交流イベントなどを提供しています。

●Career Cafe 28 BOSS
女性の成長には、上司の支援が欠かせません。そこで主に女性のメンバーを持つ管理職を対象に、ダイバーシティ・マネジメント研修を行っています。女性活躍推進の意義や早期育成の必要性を理解するとともに、育成のコツ、女性の能力を引き出すコミュニケーション手法を装着する内容で、管理職の日常での実践を支援しています。

その他の取り組みについてはこちらのページをご覧ください。

さまざまな働き方を支援する取り組みはありますか?

様々な取り組みを実施しています。一部をご紹介いたします。
●育児・介護を支援する取り組み
・事業所内保育園「And’s」(アンズ)
高い成長意欲を持ちながらも保育環境が整っていない従業員が安心して職場復帰を行えるよう、2008年1月に本社であるグラントウキョウサウスタワー内に、事業所内保育園「And’s(アンズ)」を開設しました。また、昨今の保育インフラの不足事情を踏まえ、復職支援の一環として、事業所内保育園「And’s」に加えて、2018年4月より外部保育園との企業提携も行っています。

・介護相談窓口の設置
外部の専門機関と提携し、グループ従業員が無料で専門家に相談できる相談窓口を設置しています

●働き方変革/ワークスタイルイノベーション
リモートワークの導入やそれに伴うオフィスのフリーアドレス化、サテライトオフィスの活用など、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方の実現を進めています。

その他グループ横断での取り組み詳細はこちらのページをご覧ください。

評価制度はどのようになっていますか?

リクルートの評価制度では、ミッショングレード制を導入しています。
年齢や入社年次に関わらず、任されるミッションのレベルとそのアウトプットによって報酬(給与・賞与)を決定する人事制度です。これにより、スピーディーで柔軟な人材任用、ミッションの高低に応じた客観的な報酬決定、常に人材の最大活用が意識される風土が、維持・促進されています。 なお評価に関しては、半期ごとに行われ、その期間のミッション達成度合いによって、査定・グレードを決定していく流れとなっています。

資格支援の制度は用意されていますか?

下記のような制度を設けています。
●支援金
資格取得一時金制度 ・キャリアカウンセラー養成プログラム支援制度
●優待
PC・ITスクール、語学・資格取得スクール ・ビジネス書要約サイト

障がい者手帳を持っているのですが、障がい者の採用枠はありますか?

リクルートグループでは、本人の「能力」「意欲」「適性」に基づき、障がいの内容に応じた仕事内容と配属先の検討を行った上で、一般の方と同じ基準で採用活動をおこなっています。
なお、弊社関連企業の株式会社リクルートオフィスサポートでは、障がいを持っている方が多数働いています。
株式会社リクルートオフィスサポートの採用情報はこちらからご確認ください。