• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリーシートのご提出はマイページよりお願いします。
  • ※<6月の選考をご希望の方>

    3次エントリー締切
    2019年5月9日(木)13:00エントリーシート提出完了まで

アスリート時代が原点
楽しみながら成長する
貪欲なエンジニア
アスリート時代が原点
楽しみながら成長する
貪欲なエンジニア

朏島 一樹

2014年 新卒
株式会社リクルートライフスタイル
ネットビジネス本部 ディベロップメントデザインユニット 横断アプリケーション基盤グループ アーキテクトチーム

PROFILE

2014年に新卒入社。チームを牽引するTech Leadとして、社内のプロダクト開発を担当。新規案件での技術採択や設計方針、既存開発での開発プロセスの改善などを提案も行っている。「自分にできることをやらなくていいから、自分にできないことをやれ」と言った上司の言葉をきっかけに、より難易度の高い仕事に全力で取り組むように。

斜に構えた性格だったけど
先輩たちの姿を見て
前のめりの自分になれた
斜に構えた性格だったけど
先輩たちの姿を見て
前のめりの自分になれた

ー リクルートという会社をどう思いますか?

学生の頃からリクルートでインターンをしていたのですが、当時の先輩社員の方たちがすごく魅力的だったんです。当事者意識を持って、前のめりになりながら、好きな仕事を楽しんでいました。

実は、学生時代までの僕は斜に構えた性格で、前のめりになるのはダサいと思っていたんです。でも、先輩たちの姿を見て、そういう性格が恥ずかしくなったというか、自分にないものを持っているこの人たちと働きたいなって、素直に思いました。

リクルートは、大きな会社にもかかわらず、個人の裁量に任させてもらえることが多く、働き方の自由度が高いです。いい意味でやりたい放題やらせてもらっていますし、僕自身楽しみながら仕事ができています。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

自己の成長やスキルアップにはすごく興味があります。ただ、それによって何かを成し遂げたい、社会に貢献したい、っていう野心はいまのところないんですよね。

リクルートって、独立していく社員が多いので、いつか自分もそうなるかもしれないと、刺激を受けることも多いです。僕もいつか「本当にやりたい、やらなければならない」と思えるものができたときに、すぐに動き出せるよう、成長、スキルアップできればいいなと思っています。

あと、開発周りの勉強は大好きです。休日でも仕事とは関係なくコードを書いたり、副業でベンチャー企業の仕事を手伝いながら、新しい技術に触れてみたりしています。いろんなコードを書くのは単純にめちゃくちゃ楽しいですね。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

高校まで陸上の短距離走者だったのですが、陸上は0.1秒、0.01秒を短くするために練習を積み重ねたことが、結果としてそのまま出る世界です。まぐれはありません。これは今の仕事も同じで、プログラムがうまく動かなくても、書いたとおりにしか動かない。だからこそ必死に考えて、少しでも良いものをつくらないといけないところが共通しているかもしれません。地道な努力をすることは全然苦ではないですね。

あとは、優秀な人と難易度の高い仕事に取り組むことです。仲の良い同期に「お前って絶対に優秀な人としか働きたくないし、あえて自分にできない仕事をやろうとするよね」って言われたことがあって、たしかにそうだなと思いました。傲慢な考えかもしれませんが、自分にできることだけを「手なり」でやっている状態が一番しんどいんですよ。幸いずっと優秀な先輩に囲まれて仕事ができています。

※所属や役職は、2019年1月時点のものです。

この職種のインタビュー