• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリシートのご提出、説明会・イベントのご予約はマイページよりお願いします。

正義感を貫き、
嫌われ役も引き受ける
破壊的イノベーター
正義感を貫き、
嫌われ役も引き受ける
破壊的イノベーター

ビジネスコース

渡辺 和樹

2013年 新卒
株式会社リクルートコミュニケーションズ
第1ソリューション局 HR企画部 HR企サービスデザインG

PROFILE

HR領域でデータを活用した新サービスの開発を担当。感覚的に語られがちだった「いい人材」の定義を行い、大量応募、大量採用の新卒採用を変えていくことを目標に掲げている。リクルートの入社のきっかけは大学時代のバイト経験。勤務していた編集プロダクションで取引先だったリクルートの自由な社風を目の当たりにし、新聞社と迷っていた進路がリクルートに傾く。新卒採用を変える熱い想いと同時に、動物が好きという一面も。将来は牧場経営を夢見る。

それは無理! と言われることを
変えるのが、めちゃくちゃ楽しい
それは無理! と言われることを
変えるのが、めちゃくちゃ楽しい

ー リクルートという会社をどう思いますか?

大学生の頃にアルバイトをしていた編集プロダクションが、リクルートと仕事をしていたので、すごく自由な会社だなと感じていました。就職活動では、情報を伝える仕事がしたいと、新聞社とリクルートで迷ったのですが、最終的に担当者が一対一で正直に向き合ってくれたことが印象的で、ここで働こうと決めました。面接や試験をするだけでなく、採用のミスマッチをできるだけなくそうとするスタンスが感じられたんですよね。

リクルートは、いろんな事業を手掛けていますが、もともとは求人メディアのパイオニアで、同業界においてかなりの影響力を持っている会社です。そしていま、僕は大量応募、大量選考という、リクルートも深く関わってきた日本の新卒採用の仕組みを、データを活用した新サービスの開発によって、大きく改革しようとしています。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

いまお話しした、新卒採用の改革です。求人業界で大きなシェアを握っている『リクナビ』を、ある意味否定するようなプロジェクトかもしれませんが、だからこそリクルートがやるべきだと思うんです。

やっぱり、いまの新卒採用の仕組みって、学生にとっても企業にとっても非効率でおかしな、時代にマッチしていないシステムだと思うんですよ。もしできることなら、多くの応募への対応に追われるのではなく、より一対一の関係で向き合うことに注力するのがベストだと、みんな思っているはず。

業界への影響力が大きいリクルートだからこそ、この問題を解決することができれば、ある種のパラダイムシフトを起こすことができるかもしれない。そんな大きな期待を感じて仕事に取り組んでいます。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

いつも周りの人に言われるし、自分でも大事にしているのは、「はっきりものを言う」ことです(笑)。実は警察官を目指していた時期もあったので、正義感が強いのかもしれません。

だから「新卒採用の改革」のように、ある意味タブーみたいな仕事にやりがいを感じてしまうんですよね。『リクナビ』は、新卒採用をオープンにした、多くの企業と学生をつないでいるというところに価値があるけれど、いまはその先に進まなければいけない時代が来ていると思うんです。

過去にも、誰かが同じことを解決しようとしたかもしれません。だけど、言いづらい雰囲気があったり、実現手段が見つからなかったり、いろんな障害があったんだと思います。でも、実際にやってみなければ何も進まないじゃないですか。

実は、この新サービスの開発を昨年からこっそり始めていたんですけど、どこかで噂を聞きつけて、「俺も同じようなことをやっているんだ」っていう社員と次々に会えたんですよ(笑)。心強かったですね。これからも「それは無理でしょ!」と言われるようなことを変えていきたいです。そういう仕事って、めちゃくちゃ楽しいですから。

※所属や役職は、2018年3月時点のものです。