• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリシートのご提出、説明会・イベントのご予約はマイページよりお願いします。

エンジニアの個性を
ビジネスにつなぐ
「エンジニアマネージャー」
エンジニアの個性を
ビジネスにつなぐ
「エンジニアマネージャー」

エンジニアコース

宮川 典久

2012年 中途
株式会社リクルートテクノロジーズ
執行役員

PROFILE

大手システムインテグレーターで開発業務に携わった後、2012年にリクルートテクノロジーズに中途入社。現在、執行役員としてインフラ部門、内製開発、技術部門の3部門を兼務し、戦略検討や組織運営を行う。エンジニアとビジネスサイドをつなげる縁の下の力持ちとして、社内から厚い信頼を寄せられるスーパーマネージャー。学生時代は生粋のゲーマーだったが、いまでも『モンスターハンター』をプレイするために休暇をとることがある。

リクルートとは、
カオスと秩序を繰り返して
成長する会社です
リクルートとは、
カオスと秩序を繰り返して
成長する会社です

ー リクルートという会社をどう思いますか?

ものすごくカオスな会社だと思います(笑)。多様な事業領域やビジネスモデルが混在していて、一口に「開発」と言っても、求められるものがプロジェクトごとにまったく違う。

逆に共通している部分でいうと、一人ひとりの思い入れが強いプロジェクトばかりなので、熱量によってどんどん進んでいくんですよね。だからこそプロジェクトごとの違いも出てくる。僕は全社のプロダクトに横断的に関わる立場なので、特にそれを実感しているのかもしれません。

以前、上司から「カオスと秩序を繰り返すなかで組織は成長していく」と言われたことがありますが、まさにそんな感じです。みんなが少しでも良くしようといろんなことを試すから、いったん混乱するけど、最終的に「この方向でいこう!」と決まったら一気に動く。だからこそ僕も楽しめているんだろうなと思います。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

テレビゲームが好きすぎて、遊ぶために休暇を取るくらい『モンスターハンター』にハマっています。学生時代は格闘ゲームにハマっていました。自分のスキルがどんどん上達する実感が得られて、その結果がはっきり見えるのがすごく楽しいんですよね。

また、学生時代からスーパープログラマーになるのが夢だったので、社会人になってからは、自分のプログラミング技術を磨くことに熱中していました。プログラミングもゲームと同じで、上手くなれば結果がわかりやすく見えるので、やりがいを感じます。

リクルートに来てからは、人生で初めて管理職を任されたのですが、いざやってみるとこれも意外に楽しい。最近は、マネジメントとプログラミングは同じだと思っています。プログラミングでは「構造化」と「抽象化」という作業を行いますが、組織をつくるときも同じだと思うんです。決定的に違うのが、組織はプログラミングと違って、書いたとおりには動かないという点です(笑)。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

圧倒的に心がけているのは、メンバーの力を信じ、好き勝手にやってもらうことです。もちろん、好き勝手にやらせることで整合性がとれない部分も出てきます。だからここまではOKという枠組みを設け、その範囲内でめいっぱい自由にやってもらうのが大事かなと。いざやらせてみると、10の成果を予想していたのに、100の成果をあげてくる人がいます。任せて本当に良かったなと思いますね。

いまでは「スキル」にもいろいろあることがわかりました。正直5年前の自分はこんなに話せなかったし、メンバーの悩みを解決することもできませんでした。こういう一つひとつの積み重ねも、間違いなく「スキル」なのかなと思います。エンジニアがビジネスに直接貢献できるようバランスをつくれていることが、自分が会社に与えられている価値なのかなと思います。

※所属や役職は、2018年3月時点のものです。