• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリシートのご提出、説明会・イベントのご予約はマイページよりお願いします。

50万人の声を成果に。
大プロジェクトを一歩ずつ
地道に動かすキーマン
50万人の声を成果に。
大プロジェクトを一歩ずつ
地道に動かすキーマン

ビジネスコース

信国 桂子

2014年 新卒
株式会社リクルートジョブズ
経営統括室 経営企画部 マーケティンググループ

PROFILE

入社後すぐに有期雇用マーケットの調査プロジェクトに参加。50万人へのアンケートから始まったプロジェクトで、現在は未来のマーケット創出を目指し、インタビューやフィールドワークなども含めた市場調査から企画立案までを一人で進めている。「50万人ものカスタマーの声を聞いているのは、社内で私しかいない」という責任感と自負が、自身の原点。大学院まで経済の研究をしていた経験が、コツコツと研究を進める現在の仕事スタイルに活かされている。

50万人ものカスタマーの声を
聞いているのは、私しかいない
50万人ものカスタマーの声を
聞いているのは、私しかいない

ー リクルートという会社をどう思いますか?

私は会社のなかでも、圧倒的におとなしいほうですね。多くの人が想像するような、「明るく元気なリクルート社員」からはかけ離れていると思います。飲み会は得意ではないし、人がたくさんいるところも苦手だし。入社前は馴染めるかどうか心配で、友人にも「本当にリクルートで大丈夫?」って聞かれたくらいです(笑)。

でも入社してみたら、同質化を求められることはまったくなかった。同期にも個性的な人ばかりですし、お互いの違いについて「面白いね」と話を聞き合える、自分らしくいられる雰囲気がとても心地良いです。

それでいて仕事においては、「ヒト」よりも「コト」に意識を向けている社員が多い気がします。昨今の働き方改革の流れもあり、「特定の人に頼らなくても進められる事業にしていこう」という気運がますます強まっていて。「カスタマーやクライアントに選ばれ続けること」をゴールに据えた目的志向な職場なので、人間関係のストレスもなく、とても働きやすいです。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

入社以来、有期雇用マーケットに関する実態調査と戦略立案を行っています。いま力を入れているのが、納得して働けていない人を減らすこと。そのための打ち手探しが私に一任されているので、とにかくそのことで頭がいっぱいです。

これまでに年間50万人へのアンケートや個別インタビューを通じて、働く人の悩みが想像以上に多様であることが見えてきました。例えば、子どもの送り迎えに間に合う時間帯の仕事がなかなか見つからない方や、勤務直前のシフト変更が多く、介護との両立に苦労していらっしゃる方。そうした多様な方々が抱える問題を解決するためには、私たちもそれぞれに寄り添った多様な選択肢を用意する必要があると感じています。

空いた時間も区民センターに行って、お母さんたちやお年寄りに話を伺ったり、インターネットで「アルバイト 行きたくない」と検索してみたり。とにかくたくさんの、多様な方の声を拾いながら、問題解決のためのトリガーがどこかに落ちていないかな、と日々必死に探しています。

プライベートでは、昨年結婚しまして。起きている時間のうち、主婦としての時間と社会人としての時間、きっちり半分ずつにすると決めて生活しています。平日の帰宅後も、「この10分でここを掃除する」とか、分刻みのスケジュールをつくっていて(笑)。家事も仕事みたいにやっていますね。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

逃げずに向き合い続けることでしょうか。私が携わっている仕事って、すぐに結果が出ないんです。2年かけてやっとひとつ答えが見えるか見えないかくらい。だから、短いスパンで実績を出していく人を羨ましく思うこともあるんですよ、本当は。でも、そこをぐっと堪えて大きな結果に結びつけたいなと思っています。

私、昔からこれをやるって決めたら最後までやり遂げたい性格で。いまの仕事に夢中なのも、これだけたくさんの声を聞かせていただいたのに何も結果を出さずに終わるのが嫌だからなんですよね。調査って、直接的にすぐ利益に結びつくものではありません。それでもリクルートがこうした取り組みに予算を割くのは、大きなマーケットを築いてきた会社として、社会的責任を感じているからこそ。その環境をありがたく思っています。

入社以来2年以上も同じことを続けていて、誰も私の仕事なんて知らないだろうと思っていたこともありました。でもひたむきにやっていれば、きちんと見てくれている人がいます。上司から言われた言葉で印象に残っているのは、「用意は周到に、実行は大胆に行うよね」と。これからも、小さなことを真面目に積み重ねて続けていきたいです。

※所属や役職は、2018年3月時点のものです。