• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリシートのご提出、説明会・イベントのご予約はマイページよりお願いします。

みんなの背中を押す
大仏のような存在になりたい
みんなの背中を押す
大仏のような存在になりたい

ビジネスコース

額賀 達也

2016年 新卒
株式会社リクルートジョブズ
営業本部 ソリューション営業統括室 ソリューションマーケティング部 2グループ

PROFILE

2016年、新卒でリクルートジョブズに入社。中四国地方営業などを経て、現在3部署目。大手企業を担当する営業として、リクルートの媒体を含め、採用ウェブサイトの導入、応募受付代行や研修などさまざまな打ち手を講じて、採用課題や事業課題の解決を行っている。また組織の仕組みづくりにも携わり、グループでの目標達成に奮闘する。プライベートでは月10本の映画鑑賞、温泉通い、靴磨きなど、ジャンルの振れ幅はあるが一貫して凝り性。

自分の愛せる部分を見つけて、
コンプレックスを乗り越えた
自分の愛せる部分を見つけて、
コンプレックスを乗り越えた

ー リクルートという会社をどう思いますか?

尖った人が多いイメージがあると思いますが、真面目で優等生タイプな人も意外に多いんですよ。僕自身も根がそうなのですが、あるとき上司から、与えられた仕事を淡々とこなすだけの「タスク人間」になるな、とダメ出しをされたことがありまして。自分自身が課題に感じていたことをストレートに言われたので、そのときはかなりショックを受けました。

リクルートでは、「当事者意識を持て」という言葉が頻繁に飛び交います。入社当初はその意味がよくわからず、「自分一人でやること」だと思っていました。もともと自分の設定した目標を、コツコツやりきることに面白みを感じるタイプだったんです。

でも徐々に、「当事者意識」とは「自分がどうしたいのか」考えることなのだとわかってきました。そしてそれを、いかに上手く周りの人に伝え、動いてもらい、達成するか。それがわかってから、自分本位に行動することが徐々に減っていきました。いまでは自分の仕事が他の誰かの成果につながった瞬間が、一番面白いですね。冒頭の上司の言葉は、いまでも仕事をするうえで一番大切にしている言葉です。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

僕は入社してから2年間で、3つの部署を経験しました。いろんな立場の方と関わるなかで、相手の気持ちを汲み取ったコミュニケーションを少しずつ考えられるようになってきて。いまは組織のより良い仕組みづくりにも携わらせてもらっているのですが、ゆくゆくは組織や事業を担っていくような人になりたいと思っています。

僕、実家が鎌倉なので、小さな頃から仏像に触れる機会が多くて。以前から好きだったのですが、めちゃめちゃ好きになったのは仕事を始めてから。「タスク人間になるな」と上司にダメ出しを受けたあと、大仏を見たら泣いてしまって(笑)。この像に何億人もの人々が願いをかけてきたんだなあ……と思ったら、大仏のスケールの大きさとともに、自分の小ささを感じたんです。そして泣いた後、自然と「また仕事がんばろう」という気持ちになっていました。

僕も人の悩みや苦しみを受け止めて、「でも大丈夫だよ」とか「こうしたらいいんじゃない?」とか背中を押す、大仏のような存在になりたいんです。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

自分を好きでいることですね。もともと小学生から大学生くらいまで、コンプレックスが強くて、社交的な性格ではなかったんです。たぶん表に出ることで、自分を否定されることが怖かったんですね。なかなか自分で自分を認めてあげることができませんでした。

かといって他人になれるわけもなく、長い人生のあいだ、自分とはずっと向き合っていかなければいけません。そこで大学生の頃から、「僕はダメだ」ではなく、「どうやったら自分を認めてあげることができるのか?」と考えるようになったんです。そう思ったとき、「良い」「悪い」で他人と比べるのではなく、「好き」「嫌い」の尺度で自分を見つめるようになりました。凸凹があっても、そのなかに愛せる凸の部分がある。そう思えたことが大きかったです。

これからも自分のことを好きでいられるために、「自分がどうしたいのか」を考え、それに従ってどんどん行動していきたい。そして僕にしかできないやり方で、社会に価値を返したいです。

※所属や役職は、2018年3月時点のものです。