• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリーシートのご提出はマイページよりお願いします。
  • ※<6月の選考をご希望の方>

    1次エントリー締切
    2019年3月28日(木)13:00エントリーシート提出完了まで

    2次エントリー締切
    2019年4月18日(木)13:00エントリーシート提出完了まで

みんなもっと好き勝手に
やればいいじゃん。
自分が率先して証明したい
みんなもっと好き勝手に
やればいいじゃん。
自分が率先して証明したい

塩見 直輔

2007年 中途
株式会社リクルート
ネットマーケティング推進室 室長
株式会社リクルートテクノロジーズ
執行役員

PROFILE

IT系出版社を経由した後、2007年に中途入社。若くして幹部層に抜擢される。リクルート ネットマーケティング推進室室長、リクルートテクノロジーズ執行役員のほか、多くの肩書きを持つ。自ら起案した新規事業『タブルーム』のプロデューサーも兼務。鍛えられたビジネスロジックと持ち前のクリエイティビティーを武器に、リクルートというハードとソフトを使い倒してIT×ビジネスを満喫中。

リクルートは、社員が会社を
使い倒すことを求めている
リクルートは、社員が会社を
使い倒すことを求めている

ー リクルートという会社をどう思いますか?

社員が会社を使い倒すことを求めていると思います。僕は中途入社したのですが、修行の場として使い、3年で辞めようと思っていたんです。定年まで居続けるような会社じゃないというか、どうぞ起業してくださいっていう雰囲気が普通にある会社なんですよね。

「3割バッターではなく、ホームランバッター歓迎」という会社なので、権限もチャンスも与えるし、「私に打たせろ!」って手を挙げる人を歓迎する風土やルールができています。マネージャーや役員になって会社の中が見えてくると、仕組みや制度がその方針に沿って脈々と運営されている実態が見えてきて、この会社は本気なんだなと思いました。だから、みんなもっと好き勝手にやればいいじゃんと思うし、自分が率先して証明できればと思っています。

ただ、仕事の質にはすごく厳しい会社です。利益を生み出せるかはもちろん、どんな社会的価値があるのか考え抜けと迫られます。どんなに儲かっても世の中に胸を張れない儲け方は×。一見便利でもビジネスとして成立しなければ継続性がないので×。事業家としての仕事の仕方はめちゃくちゃしごかれましたね。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

インターネットです。10代でハマって約20年。それが仕事になるのだからいい時代に生まれたなと思います。

もう少し広くITと捉えると、もうしばらく世界を変え続けるエネルギーを感じます。リクルートは、なんだかんだ世の中にインパクトを与えることができる規模を持っていて、たまたまその中にいるのだから、ITが日本や世界を変える速度を少しでも上げるためにうまく利用してやるって感じですね。

ちょっと怪しい使い方を含め(笑)、ここまでインターネットを楽しみ尽くしてきている自負はあります。ビッグビジネスの中を知っている、大きな組織を動かしたことがある、などの条件を掛け合わせていくと、まあまあ人材としての希少性が上がると思いますし、2019年を生きている感じがビンビンする。いまも引き続き熱狂の中にいるなと思います。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

楽しむことと稼ぐことです。日曜夕方の『サザエさん』を見て「明日から仕事だ」と思ったときと、給与明細を見ているとき、そこで憂鬱な気分になったら辞めようと(笑)。

僕の子どもや会社の若手を見ていると、圧倒的にIT知識の吸収が早くて、僕らが10年掛かったことをあっという間に覚えちゃうんですよ。息子は、幼稚園の頃からiPadとiPhoneを使いこなしていて、いま小学5年生なのですが、Macを持ち歩いてXcodeでアプリをつくっていますから。そういった、IT知識を遊びながら身につけてきた世代が社会に出てきて、世界を動かし始めたらどうなるんだろうって。楽しみしかない。

ただ、いろんな新しい技術や発想が生まれてきても、それをビジネスにして社会につないでいく役割は必要。それは、僕らの世代が担えるし、スムーズに行える仕組みをつくっておかなければと思うんです。

そういう意味では、僕はこれから現場を動かすプレイヤーではなく、組織や仕組みを最適化する仕事の比率が増えていくけれど、1990年代のインターネット黎明期からネットの世界に浸かって、好き勝手やってきた人間としてはやりがいを感じています。新しい潮流とともに、組織やビジネスを動かしていく経験は、世界中どこに行っても通用し稼げそうじゃないですか。

※所属や役職は、2019年1月時点のものです。

この職種のインタビュー