• ※はじめての方はENTRYボタンをクリックし、マイページを作成ください。
  • ※エントリシートのご提出、説明会・イベントのご予約はマイページよりお願いします。

2年目で新サービスを軌道に
逆境で輝く営業社員
2年目で新サービスを軌道に
逆境で輝く営業社員

ビジネスコース

横井 南妃

2014年 新卒
株式会社リクルート住まいカンパニー
営業統括本部 注文住宅・リフォーム営業統括部 リフォーム・領域横断営業推進部 リフォーム営業グループ 首都圏チーム

PROFILE

2014年に新卒入社。1年目はスーモカウンター推進室でカスタマー担当業務を、2年目は新規事業開発チームで、スーモカウンターのリフォーム部門の立ち上げ、その後営業部に異動。人見知りを一切せず、人に会うことが好きなため「就活はいろいろな人に会えて最高に楽しかった」と語る。同僚とともに、年に10回以上は旅行に出かける。

目の前の人が何を求めているのか
すごく気になる性格なんです
目の前の人が何を求めているのか
すごく気になる性格なんです

ー リクルートという会社をどう思いますか?

もともとはアナウンサー志望で、そのために上京して、アナウンススクールにも通っていたんです。でも、就職活動をするなかで、本当にアナウンサーになりたいのかわからなくなった。

そんなとき、大学の先輩から話を聞いて興味を持ったのがリクルートでした。就職した他の先輩の多くが「大学時代が一番楽しかった」とぼやくなか、リクルートに入った先輩だけが、「大変だけど、いまが一番楽しい」と言っていたんです。新入社員でもやりがいを持って楽しく働けるこの会社なら自分を成長させてもらえるかもしれない、と心が決まりました。

実際、リクルートは若くても仕事を任せてもらえるし、その成果をしっかりと見てくれる人がいる。だからこそ、ひとつの仕事ができるようになったら、次は少し背伸びをしないと手に届かないような、より大きな仕事を任せてもらえる。つまらない日なんてないくらい、充実した日々を送れる会社です。

たぶん、この環境を楽しいと思える人が集まった会社なんだと思います。「何になりたいか」ではなく「どう働くか」「どんな自分になりたいか」が大切なんだと思いますね。

ー いま、熱狂していることはなんですか?

みんなで議論を重ねながら、困難なプロジェクトを成し遂げようとするときに、すごく熱くなれますね。入社2年目に「スーモカウンターリフォーム」という新規サービスの立ち上げに参加したのですが、最初はビジネスとして成立しないのではという意見が役員からも出ていたんです。なぜなら、リフォームは新築マンションや注文住宅と比べて、単価は5分の1。だから5倍の集客に対応しなければいけなかった。

でも、リフォーム検討の際に困っているカスタマーがいること、このサービスを必要としているクライアントがいることを、話を聞いて知っていたからあきらめきれなくて。1年かけてチームメンバーで議論しながら必死に模索して、サービスを軌道に乗せることができました。事業化できたときは、チームのメンバーと喜び合いました。いまではカスタマーからの問い合わせを毎日たくさんいただいていて……。こうやってみんなで喜び合えるから、困難なことほど熱くなってしまいます(笑)。

ー あなたが大事にしていることはなんですか?

私は、プログラミングなどの専門技術を持っていません。そのなかで、私ならではの価値を提供できる仕事をしなければならない。だから、「人に寄り添う」ことで、自分だけの価値を発揮しようと考えています。私がいることで、周りの人が気持ち良く働けたり、モチベーションになったりする。そんな存在になりたいです。

いまは営業部で、担当する複数の大手リフォーム会社の事業成長に伴走しています。でも、もともと社会にどう貢献するか、会社の売上をどう向上させるか以上に、目の前の人が何を求めているのかがすごく気になる性格なんです。相手の思いや夢に寄り添える人でありたいし、そうなることで、一歩踏み込んだ提案ができるはず。相手にできる限り本音で話してもらい、それを深掘りすることで、ほかの人では思いつかない課題解決の方法を見つけられると思います。私が目指しているのは「リクルートの営業」ではなく、「パートナーの横井さん」。クライアントの広告担当、営業現場、経営層それぞれに寄り添い、これからも一緒に多くの喜びを分かち合えるよう頑張ります。

※所属や役職は、2018年3月時点のものです。