• 中途入社
  • ダブルワーク

リクルートなら、
もっと面白いことができる。
「技術的に楽しめる組織」をつくりたい。

古川 陽介
株式会社リクルートテクノロジーズ
ITソリューション統括部
インフラソリューション2部
APソリューショングループ
開発チーム
エンジニア
2016年中途入社

まだ知られていない技術を伝え、日本を盛り上げていきたい。

現在の業務内容を教えてください。

APソリューショングループは大きく2つに分類されていて、まず1つがリクルートグループ全体で使うための基盤をつくるグループ。例えば、プッシュ通知するための基盤づくりや、インフラでハードウェアやマシンを用意してくるなど、クラウド的な方面でのインフラを整えるというグループ。あともう1つが僕の所属するアプリケーションのソリューショングループです。フロントエンド開発のフレームワークづくりなどをやっていますね。Webアプリケーションを開発する際に便利になるようなライブラリ、フレームワーク、ユーティリティツールなどを作成し、みんなに活用してもらうという技術開発を業務として行っています。

中途入社ということですが、古川さんの経歴を教えてください。

2回目の転職でここへきました。新卒入社の会社では、文書管理ソフトウェアをエンジニアとして開発していました。Googleで言うところの、Google Docsのようなものですね。社内で書類を有効に共有するための文書管理システムです。そこから、新しいフレームワークやWebアプリケーションを作りたいなと思い、最初の転職をしました。そこでは、主にゲームやWebアプリケーションのフレームワークを作っていました。いろいろと研鑽を積んだのち、2016年にリクルートに転職してきました。

なぜリクルートに入社しようと思ったのですか?

僕自身がそれまでに行ってきたOSS(オープンソースソフトウェア)の活動やコミュニティ活動を通じて、リクルートで働く人から声をかけてもらいました。それで話をしているうちに、この会社ならもっと面白いことができると思ったのが、リクルートを選んだ1番の理由ですね。

OSS活動とはどういったことですか?

Node.jsという技術の日本ユーザーグループのコミュニティ代表をやっていたんです。リクルートではNode.jsをフル活用して新しいものを作っているというお話をもらい、OSS活動は入社後も続けて構わないと言ってもらえたので。
始めたきっかけは、Webアプリケーションを作りたいと思ったときに、何を学ぼうかと迷って。そのときに、Node.jsが目に飛び込んで来たんです。今後のWebアプリケーションを作るうえで肝になるだろうというのは分かっていたので勉強を始めました。勉強会に顔を出すようになって、1年後には代表に立候補しました。コミュニティを運営する経験をしてみたかったんです。

具体的には、どういったことをしてきたのですか?

基本的には、2ヶ月に1回カンファレンスを開催するのと、1年に1回Node学園祭と呼ばれている大きめのイベントがあり、 それらのカンファレンス活動がメインですね。カンファレンスを通して技術の研究を行っています。最近ではオランダで行われたカンファレンスに新しい技術を学びに行ったり、シンガポールで開催されたJSConf.Asia Singaporeでは僕自身が登壇させていただきNode.jsの未来について講演しました。他にもさまざまな活動があって、例えばNode.jsの技術を伝えることにも取り組んでいます。カンファレンスなどで学んだNode.jsの新しい機能を噛み砕いて日本語に翻訳して紹介したり、そういったNode.js技術の情報発信をし続ける活動をしています。今は代表として、多くの人がまだ知らないであろう技術や活用方法を伝えて、日本全体を盛り上げたいという想いがあります。

社会が動く要因である
リクルートのサービスを
より良くする、それが使命。

仕事の上で、どんなポリシーやビジョンをお持ちですか?

テックリードというかたちで、技術的な選択や若手の育成について責任ある立場にあると自覚しています。プロジェクトとしてあるべき姿かどうかと、技術として価値があるかどうかを正しく見極める立場です。その両方が満たせるというのが、エンジニアとして一番やる気が起きることだと思っていて、要は、プロジェクトの効果がいわゆる数字として表現できるというのが大前提としてあって、そのうえで、例えばソースコードがきれいか、テストコードがちゃんと書いてあって運用に耐え得るか、などの価値があるかどうか。長期的に見たときには、設計がすごく綺麗ということが可能かどうか、正しくプロジェクトとしてあるべき姿かどうかが、価値として見出せるように研鑽を積む。そういったことが、エンジニアとしてやるべき姿だと思っています。

古川さんが、リクルートや社会に対して、何か変化を与えられていると思うことはありますか?

リクルートが開発しているものは、例えば「ホットペッパー」のように世の中の色々な場所で多くの方に使われているものが多いので、人や社会を動かすひとつの要因になっているんですよね。そういったものを、より良くして行くことが僕のミッションだと思っています。自分の持っている技術を、改善のために活かし続けて行くことですね。

まさに「1→100」ということですか?

構造としては、「0→1」とも「1→100」とも言えるんですが、僕の技術を使って新しいユーザー体験を作り出すことは、恐らく「0→1」と言えます。サービスのリニューアルだったり、Webアプリケーションを新しくすることは「1→100」です。フェーズに応じて、どちらの価値も生み出してきましたね。

新しいユーザー体験を作り出した「0→1」とはどういう体験だったのですか?

リクルートでは従来あまり作られていなかったタイプのWebアプリケーション開発に取り組んでいて、その時に開発したものというのは「0-1」かな、という実感はありますね。詳細を述べるとMROC(Market Research Online Community) というジャンルのサービスで、中身としては典型的なSNSと同様、オンラインでのコミュニケーションを主体としたコミュニティを作るものです。例えば「ゼクシィ」を使ってるユーザーの生の声を聞きたいという場合にそれを掲示板やチャット、アンケート等のコミュニケーションツールを使って収集することができます。今までにないようなものをつくって、それで価値が出るかどうかを試している最中なんですけど、今はそこで「0→1」のものがつくれたというのが、いい手応えになっていますね。

複数の企業を見てこられた古川さんの視点から、リクルートの特徴を教えてください。

僕の所属するリクルートテクノロジーズではリクルートグループ全体のWebアプリケーションのソリューションを提供するに当たり、それぞれの案件に応じた各技術分野のプロフェッショナルが多いことが、良いところと言えますね。学ぶことが多く、自分の成長を感じます。その反面、各セクション間の壁をどう越えて関係を築いていくかが、自分としては課題に思っています。技術スタックが広いので様々な案件において発揮されたナレッジが共有できていないことが多かったため、2週に1回勉強会としてソリューションの発表を行っています。また社内に閉じた勉強会にしないで外部講師や専門家も呼ぶことで技術的にさらに学べるような工夫もしています。

自発的に学ぶという考え方が染み付いている。

目標や夢を教えてください。

テックリードの立場として責任を持ち、―人前になりたいというのがまずあります。自分の技術力もさることながら、人に教える力や、どういう風にすると組織が回りやすくなるのかというチームビルディングについても考えていかなきゃいけないと思っています。そのうえで、リクルートの今の開発というのをもう少し効率よくしたいとか、開発するにあたって最適な技術をちゃんと選べるようにしてあげたいというのが、目標としてあります。しがらみなく、自由に最適な技術を選ぶにはどうしたらいいのかを誰もが考えられる組織、こうした技術的に楽しめるような組織をつくっていきたいです。何かをつくることだけに特化してしまって、技術的に楽しむということも忘れないようにして欲しいなと。そういうことができる組織にするというのが僕の夢ですね。

理想の組織作りのために、リクルートの教育制度についてどう考えていますか?

非常に良いと思っています。僕のまわりで働いている若手のエンジニアは、頻繁に研修に行っていますし、面白かった研修は教えてくれたりもします。新しい技術へ挑戦するときの障壁は取り払ってあげようと思っていて、OSS研究会をランチでやったりしていますね。やってみたいけどやったことがないというときに英語や学び方の障壁を取ってあげれば結構できるもんで。あとは、自発的に学ぼうという考え方がかなり染み付いていますね。新しく本を買ったので輪読会をしましょうだとか。積極的な勉強会に誘われることが多いです。自発的に学んでいこうという人が多いんです。学ぶ会社なんだと思います。

どのような人と働きたいですか?

まず1つ目はやっぱり技術的な興味、好奇心が強い人に来てほしいなと思っています。そうしたことが伸びしろになりますし。リクルートテクノロジーズ社内のチャットでは、新しい物事についての話題が頻繁にあがるので、そういった話にも興味を持てないと厳しいかなと思います。技術的な好奇心が強いということがまずは第1条件。2つ目は、実際に物事を動かす行動力があると良いですよね。最後に、学ぶべきことを自分自身で見つけることができる力です。好奇心があれば、この点は後からついてくるはずです。好奇心、行動力、この2軸を持った人と一緒に働いて行きたいと思っています。

PROFILE

古川 陽介(ふるかわ ようすけ)

エンジニア
2016年中途入社
文書管理ソフトウェアの開発、ゲームやWebアプリケーションのフレームワーク開発などを経験し、リクルートテクノロジーズへ。現在、Webアプリケーションを作る際の助けとなる、ユーティリティツールやフレームワークを開発。リクルートを縁の下から支えている。また、Node.jsというOSS(オープンソースソフトウェア)の日本ユーザーグループコミュニティの代表でもあり、2ヶ月に1回のカンファレンスを開催、1年に1回のNode学園祭と呼ばれている大型イベントなどを行い、精力的に活動。