「制約にとらわれない」
本質を求めるリクルートの文化が
モノゴトの価値を高めていく。

長谷川 大貴
株式会社リクルートテクノロジーズ
ITソリューション統括部
IDポイント部
IDポイントシステム企画グループ
ビジネスグロース
2011年新卒入社

抽象的な概念と具体的な事象とを往復運動しながら、ものごとを判断していく。

現在はどのようなお仕事をしているのですか?

購買促進メールなどのカスタマー向けメール配信に関する問題解決に取り組んでいます。特にECサービスなどが顕著なのですが、カスタマーに対してメールを送れば送るだけ1通当たりの促進効果は減衰していくものの、ある程度は売り上げが伸びます。その一方で、メールを欲しくない、メールを受け取っても購買行動につながらないカスタマーに対してのメール数が多くなってしまいます。こういったカスタマーからするとノイジーな情報なので、メールが多くなりすぎるとスパムメールを送りつけてくる会社など、リクルートに対するネガティブなイメージが膨らみブランド毀損につながっていきます。そのネガティブなイメージを改善するために、売上を極力毀損せずにメール配信数を減らす取り組みをしています。その他には、IDやポイントの基盤担当として、ビジネス指標や安定稼働などのシステムとしてのヘルスチェック指標を可視化する取り組みをしたり、安定稼働を目的とした運用整備などを実施しています。最近はリクルートライフスタイルでも並行して「Airペイ」をやり始めたところです。

リクルートに入る前から持っていたポリシーやビジョンなどがあれば、教えてください。

考える上で大切にしているのは、抽象的な概念と具体的な事象とを往復運動しながら、ものごとを判断していくということです。ものごとを進めるうえで、100%正しいことはなかなかないと思うので、信じつつ、言語化しつつ、ある程度疑いつつバランスを取るように気をつけていますね。

数ある企業の中から、リクルートを選んだのはなぜですか?

元々はあまり就職するつもりはなくて、お誘いもいただいたので大学に残ろうと思っていました。ところが友人から就活というものを一度は体験した方がいいと話をされて、そのときに紹介されたのがリクルートだったんです。それでインターンシップに行きまして。それまで社会人に対していいイメージがなかったんですが、インターンシップで様々な人に会わせてもらったら、みんなすごく活き活きと自分の仕事の意味や意義を語り始めたんです。そこでリクルートに興味をもちました。

学生時代の経験で、役立っていることはありますか?

学生時代と今では取り扱う対象が違うため、新たに必要な知識が求められるシーンが多いですが、考え方・思考方法に関しては学生時代の経験がベースになっています。 例えば全体を俯瞰して考えるために、全体を包含可能なフレーム(モデル)を想起しつつ詳細な検討を行い、相互作用の中で全体、部分の双方を磨きこむといったことなどがあります。また、その他にも背景、意味設定から既存論文の比較分析、研究内容に降りていくプロセスも今やっていることと近いものが多く、意味設定から競合調査分析を行い、具体的に実施する内容を詳細化していく。社会人になってから学ぶことももちろん多いですが、ベースになる部分に関しては学生時代に身につけたものが大きい気がしています。

言われたことをやるのではなく、
何か価値を出すことがゴールである。

リクルートのユニークネスな環境の中で、「0→1」の考え方、「1→100」の考え方を持った人がいますが、ご自身はどちらに当てはまると思いますか?

「1→100」ですかね。自分自身が新しく事業を立ち上げた経験はまだありません。新しい事業によって課題を解決するというよりは既存の事業・サービスを通じて解決力を上げることが多いです。IDポイント基盤ではどうすればカスタマーにリクルートのサービスを利用していただき、サービスの良さを感じていただくか。そこに対して例えばポイントだとどうすれば貢献できるのかなどを考えます。目的自体も当然考えますが、達成するための適切な手段の検討が多かったです。

リクルートでは、「0→1」の人と一緒に仕事をする機会もあるかと思いますが、刺激を受けることはありますか?

「1→100」をすることが多いと、どうしても物事を進める上で妥当な落としどころをどうするのか、といったある種「妥協の仕方」がうまくなりがちです。そんな中で「0→1」の人はそもそも「何故やるのか」や「譲れないポイント」などを現状とは無関係に明確に持っている人が多い。そういった姿勢から学び、「1→100」をやるときでも、あるべき姿を描き、現状を踏まえつつ、過程も含めて妥当な手段を選択する。「0→1」の方と仕事をしてもっとも刺激を受けたのは、一番はじめにあるべき「あるべき姿」を明確に考えるようになったところです。
このような経験を踏まえ「0→1」にも強い興味が湧き、自分自身で副業を始めたりもしました。今現在その副業は中断していますが、社内では「1→100」をして、社外で「0→1」をする。今度はその経験を活かして社内で「0→1」をしているという話をよく聞きます。そういう経験があると、「0→1」の環境でも価値を出していけるのではないかと思いますね。

リクルートで、長谷川さん自身の変化を実感したというようなエピソードはありますか?

僕が1年目の時の育成担当のマネージャーが、結構厳しく指導してくれる人だったんです。入社したばかりで、どう動いていいのか、どこまで自分が発言していいのか、どこまで意志を持っていいのかが分からなかったので空気を読みながら、自分の意見を十分に発信しないまま進めるようなことがあったんです。その際、当時のマネージャーから、「なんだか制約があるような感じで動いてるけど、そういうものは、正直言ってないから」と言われ、制約の中で効果を最大化しようとしていた視野の狭い自分に気がつきました。当時は人から聞いた制限、自身で調整が難しそうな条件をそのまま制約として考えてしまっていました。今は制約自体も動かしうるものとして認識し、達成すべきこと・なすべきことに対してどうあるべきなのかを考えるようになりました。この言葉で自分の考え方が変わり、一番ありがたかった言葉だと思っていますね。

リクルートの強み、あるいはリクルートならではと感じる点があれば、教えてください。

会議の途中で、部分の話にフォーカスしているものの、そもそも前提自体が間違っていることや、もっと上段で整理すればその議論している内容自体が不要だよね、といったそもそも論の話をしても、ちゃんと向き合ってくれて「やっぱりそうだよね」と方向転換してくれるところでしょうか。それができるのは各々が意味をしっかり考えていて、やるからには最も正しい、意味のあることをやりたいと思っているからだと思うんです。言われたことをやるのがゴールじゃなくて、何か価値を出すことがゴールだから、「今やっていることって、違うのでは?」と発言する人が出てくる。ありがたいことだと思います。良い方向にどんどん進んでいける。ときにはゴール自体そもそも…みたいな話もありますが、結局カスタマーなのかクライアントなのか、誰に対して価値を返すのか、価値を最大化する認識においては変わりません。

自分の価値がちゃんと最大化できるようなことをしていきたい。

ご自身の仕事で、社内や社外に対してどのような影響を与えていきたいですか? また、今後の人生における夢は何ですか?

特定のカスタマーであっても、クライアントであっても、自分の周りでも、関わっていただけた方に、「このサービスがあって良かったな」とか、「なんか、あいつがいて良かったな」と思ってもらえるところに、自分の意味を感じることがあります。話をしやすい人とか、話を聞いてくれる人とか、共感してくれる人とか、リクルートの社内にはとても一緒に働きやすい人が多いと思います。今までの自分の人生を通しても、とても恵まれた環境だと思います。だから、そんな人たちのいるリクルートで、自分の価値をちゃんと最大化できたらいいなと思っています。今後の夢は残念ながら明確で具体的なものはありません。ただ、関係する仲間とひとつのことに熱中し、やりきる。これが自分自身もっとも楽しいと感じることなので、常に全力投球できればと思っています。

リクルートはどんな人なら合うと思いますか?

何が良くて何が悪いのか、なぜ良い・悪いのか、そういったことに対してストイックに向き合える人、考えることがある程度しっかりしている人であれば、働きやすい環境だと思っています。意志の持ち方や意志の質に関しても当然求められますが、はじめから明確で良質な意志をもっている人ばかりでもないと思います。リクルートには「何故そう思うの?」「どう思う?」といった言葉に代表されるように、意志を育てようとする文化があるんです。この環境にいる限りは、どうしても方向性は自分の意志で決めていくしかないと思うので、ストイックに向き合える人でさえあれば、意志の持ち方や質に関してもどんどん成長できると思います。

活躍するには、どういうスタンスを持っていることが望ましいのですか?

自分の知らないことにすごくたくさん触れるので、学ばないといけないことはたくさんあります。でも一方で、自分自身で知らなければならないことを定義できないと成長スピードが遅くなったり、一定のところで成長が停止してしまったりします。結局自分の範囲をどこまで拡大できるのか、自分の周りで起こる出来事をどこまで「我が事」として捉えらえるのか、その上でどこまでストイックに向き合えるのか。そういったことが求められると思います。そういったストイックな人であればたぶんみんなが応援をしてくれると思いますし、価値が出せるような状態になれると思います。

PROFILE

長谷川 大貴(はせがわ だいき)

ビジネスグロース
2011年新卒入社
大学在学中は服のネット販売を行っている会社で、「仕入れて売る」という一連の業務に携わり、大企業のビジネス論に興味を持つ。リクルートライフスタイル入社後は、1年目はエンジニアリングを経験し、2年目からリクルートIDポイントを担当。IDポイントを繋ぐといったかたちで、全社的な取り組み、メインID化の取り組みのコミュニケーション統括、メンバーのコントロール等を一通り経験。現在、リクルートテクノロジーズでメールに関する問題の解決に取り組みながら、リクルートライフスタイルにて、並行して「Airペイ」も担当する。