• 中途入社
  • 起業
  • ダブルワーク

人材の流れを
ひとつなぎにする
ソリューションを生み出したい。

池田 裕一
株式会社リクルートテクノロジーズ
ITソリューション統括部
ビッグデータ部
ビッグデータ人材領域グループ
データサイエンティスト
2014年中途入社

絶対にやり切るということを大事にしている。

現在は、どのようなお仕事をされていますか?

「リクナビ」とリクルートスタッフィングの派遣サービスという2つのサービスを担当し、チームリーダーとプロジェクトリーダーという立場で、カスタマーにおすすめの情報を提供する、レコメンドエンジンの開発に携わっています。過去の実績情報やWebサイト上での行動履歴など、データベースに蓄積された膨大な情報を分析し、モデルを構築。サービスレベルやリアルタイム性なども考慮しながら、各個人に的確な情報を提示できる仕組みをつくっています。

前職では何をしていましたか?

学生時代、工学部で光の計測をする研究を行い、精密機械について学んだ後、システムエンジニアとして大手総合電気メーカーに入社し、そこに3年間勤めていました。もともとプログラミングは学んでおらず、プロジェクトマネジメント的なことに興味を持ち入社しました。そこで、初めてビッグデータという言葉に出会い、いろいろなデータから、新たな知見や事実を見いだし、それによって人の行動に変化をもたらしていくことの面白さを覚えたんです。サービス開発を行う部署に配属となったので、OJTの中でプログラミングを学び、独学でも日々勉強しながら、開発に携わりました。最初に担当した案件は、位置情報を使ったアプリケーションの開発。SIerのSEって、案件が大きくなるほど開発の一部しか担当できないことが多いんですけど、この開発は大きな案件ではなかったものの、企画の要件定義から設計、開発、テスト、運用まで一連の行程を全て一人で行い、貴重な経験ができました。開発のノウハウを1からしっかり学べましたね。

数ある企業の中から、リクルートを転職先に決めたのはなぜですか?

前職ではその後、渋滞予想におけるカーナビの位置情報システムの開発に携わっていたのですが、それを使用したドライバーの行動がどう変化したのかが、自分には全く分かりませんでした。もっとユーザー寄りのビッグデータ関連の仕事がしたいという思いから転職に踏みきりました。転職活動では、様々な企業を覗いたのですが、他の名の知れた企業でもリクルートほどボトムアップの気質を感じられる企業はありませんでした。ここは自分から発信していけば、どんどんやりたいことをやらせてもらえる企業だと感じたんですね。自ら進んで何かをやりたいという想いから、転職を決めました。

転職してみてどうでしたか?

良かったですね。お世辞でもなんでもなく、本当にそう思います。周囲を説得して、自ら動いていけば、何でもやらせてもらえるといった社風は本物でした。また、前職と比べると開発のサイクルが早く、意思決定の早さを肌で感じました。メンバー、グループマネージャー、エグゼクティブマネージャーと階層が少なくフラットな環境なので、予算取りに関しても決断が早い。例えば、R&D(研究開発)をやりたいというときに、グループマネージャーとエグゼクティブマネージャーが集まる会議に起案する機会があるのですが、そこでイエスかノーかをばっと決めてしまうんですね。このスピード感は、前職の時には考えられなかった。前職であればおそらく1個やりたいって言ったら、2〜3カ月かけて審議、審議、審議みたいになると思います。とにかく何でも早いんです。逆に、開発の現場でも事業の担当者から早さを求められるのでしんどい場面もありますが、そこをうまくリソース調整するのがチームリーダーとしての自分の役割であると思っています。

リクルートと他社の開発環境の違いはどのようなところですか?

若いうちからなんでも任せてもらえるということが、圧倒的に他社との違いかなと思いますね。チームを見るという側面でも、ただ開発の進捗を管理するだけじゃなくて、コストまわりや、全体の効果測定などビジネスへの影響も見る必要があります。そうした重責を若いときから任せてもらえるのは、前職ではまず考えられなかったですね。
僕自身、前職では、結構単独行動が多かったので、そのときと比較すると環境自体も、自分の考え方や行動も変わったと感じています。学生時代からリーダーシップをとることは多かったので、こういう点でもリクルートの環境が合っていると思います。

具体的に池田さんが発信して実現した案件を教えてください。

僕の部署ではR&D(研究開発)という制度があり、普段のミッションのなかで新技術の開拓を行える裁量が与えられています。「リクナビ」のプロジェクトをやりながら、開発の予算を少しもらい、新しい技術がどこかに適用できないかを模索していました。そんななかで、ちょうど「リクナビ」のサービス企画担当者と、「これ、何かのレコメンドに使えるんじゃない?」という話になって。そこから企画の検討を始め、技術検証し、サービスに実装し、実際に効果を出すというところまでを、入社半年から1年くらいで経験しました。おもしろかったなと今でも思い出します。

R&D から、実際のサービス化に結びつけることができた要因は、どこにあると思いますか?

僕は自分のことを、一人では何もできないと思っています。R&D案件で効果が未知数だった僕の案が採用されたのは、技術の使い手側として企画立案ができたということだけでなく、関係者をうまく巻き込みながら、ロジックを定量的にも定性的にも説明することでサービスの責任者に理解を得られたことが要因だと思います。

そうしたことを実現させるまでに、どんな苦労がありましたか?

入社して半年程しか経っていないにも関わらず、突然リーダーを任されることになったんです。周囲の期待に応えなければと、ただただ重責を感じていました。とはいっても、やるべきことはたくさんある。不安を抱きながらも、とにかく結果を残すしかないと覚悟を決めました。そこからはもうがむしゃらに、チームメンバーに支えられながら、押し進めて行くことができたと思います。仲間に恵まれた部分が大きいですね。

開発研究には回数制限などはあるのですか?

特にはありません。見込みがあって、明確な効果が期待できると判断されれば、何回でも取り組めます。今は「リクナビ」とリクルートスタッフィングの2つのプロジェクトに取組んでいるので、R&Dにチャレンジする余力がふんだんにあるわけではありませんが、また何か仕掛けたいという気持ちはいつも持っています。今の仕事が落ち着いてきたら、またチャレンジしようと思っていますよ。そういった積極的なチャレンジを実行しやすい環境というが、リクルートの素晴らしい点ですからね。

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

絶対にやり切るということを大事にしています。負けず嫌いなので、これと決めたら絶対に投げ出しません。一方で、割り切ってしまうことも大事だと思っています。1人でできることには限界がありますし、みんなでバリューを出し合ったほうが良い場面って必ずあるんです。そう判断したときは、積極的に協力を仰ぎ、とにかくいろんな人を巻き込みます。若いうちから、自分で決断し、必要な体制を自分で構築できる環境に身を置けるという点も、リクルートが圧倒的に他社と異なる部分ですね。

「最先端であること」
「0→1」「1→100」の
共在が最大の強み。

起業はしていますか?

はい。兼業が認められているので、社内の先輩と一緒に起業しています。ディープラーニングを要素技術に組み込んだアプリ制作や、データ分析コンサルティングのようなサービスをしています。クライアントとなる企業からデータをもらって分析レポート出したり、そのアプリを使って業務提携できないかを交渉したりしています。

起業して良かったと思うところはどこですか?

リクルートテクノロジーズでの普段の業務は、ほぼリクルートグループの関係者との対話の中で完結しています。一方、起業してからはリクルートグループ以外の方々とも仕事をするようになったので、そこがとても新鮮です。当然ながら、案件を取るために自ら営業活動を行いますし、経理業務も行うので、仕事の幅を広げることができました。そうやって得られたスキルをリクルートの業務にも活かすことが出来るようになって、良いサイクルを回せていると実感しています。

リクルートの強みはどんなところにあると思いますか?

新しい技術を生み出しますし、そうした技術を活用する基盤もたくさん持っていることですね。生み出す人、それを装着する人、装着する先が無数にある。
「0→1」と「1→100」が共在し、作用し合っていることが、リクルートの最大の強みであると思います。

池田さんは、「0→1」「1→100」のどちらに当てはまると思いますか?

どちらかといえば、僕は「1→100」だと思います。例えばディープラーニングのような完全に新しい技術を作り出すことはできませんが、「この技術、あのプロダクトに使えそうだな」と考えることが好きです。技術の開発者が思いつかないような使い方を考え、ビジネスに装着することが僕の役割だと思っています。とはいえ、世の中に新しい価値を生み出そうと思って起業をしたので、「0→1」の方面に徐々にシフトしているかもしれません。

池田さんの仕事で、社内や社会に対してどのような影響を与えていきたいと思いますか?

人材領域系のデータ活用を極めていきたいという想いがあります。例えば「リクナビ」の話でいうと、我々は、学生が企業にエントリーするという行動の一部分しか見ることができていませんが、就職活動はエントリーだけで終わりじゃないですよね。学生が大学で様々な知識を学んだ後に、就職活動を通してたくさんの企業を知る。そこで初めてサイト登録を行うという流れになると思うのですが、今はその前後の行動データがほぼ使えていません。そういったところをちゃんと紐付けしていくことができれば、もっと就職活動の選択肢が広がっていくはずだし、学生ひとりひとりにとって納得のできる就職活動になると思うんです。そういった人材の流れを、ここであれば作っていけるはずだと思います。就職、転職、派遣のWebサイトもあれば、アルバイトのWebサイトもリクルートは持っているので、それらをひとつなぎに考えたソリューションや、モノ、サービスを生み出すことができれば、社会にとって新しいうねりを作ってけるのではないかと思いますね。

「なんでも挑戦したい」
周囲を巻き込む力がある
人がいい。

今後の人生における夢はありますか?

上の話に通じるところがありますが、世の中を劇的に良くするサービスやソリューションを生み出せる人間になりたいですね。まだ明確には描けていないですが、そのためにもまずはクライアント側とカスタマー側のどちらにも視野を広げてモノを考える力をつけて、そこから視座の高い見方や考え方ができるようになっていきたいと思っています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

「何にでも挑戦しよう」という人に来てほしいなと思います。仕事でもそうですし、これだけがやりたいではなくて、「何でもやってみたい」「挑戦してみたいな」と思うことができる人。あとは、「この人がいないと、このチームはダメになる」と思わせてくれるような人がいい。その人の求心力が自然と協力を集め、周囲を巻き込んでいるようなイメージです。

PROFILE

池田 裕一(いけだ ゆういち)

データ解析
2014年中途入社
学生時代は工学部で精密機械工学を専攻。光学計測の研究を行う。卒業後、大手総合電気メーカーに就職。システムエンジニアとしてキャリアをスタート。プログラミングの技術と開発のノウハウを習得した後、2014年にリクルートテクノロジーズに転職。ビッグデータ部に所属し、人材領域サービスのビッグデータソリューションを担当。チームリーダー兼プロジェクトリーダーとして、リクルートキャリアの就職情報サイト「リクナビ」とリクルートスタッフィングが提供する派遣支援におけるレコメンドエンジン開発を手がける。また、自身でも兼業として、ディープラーニングを使用したアプリの開発を行う会社を立ち上げ、運営を行っている。