• 新卒5年未満

エンジニアリングによる課題解決をし、
Howを突き詰めたい。

永井 佑樹
株式会社リクルートライフスタイル
ネットビジネス本部
ディベロップメントデザインユニット
プロダクト開発1グループ
エンジニア
2014年度入社

解決すべき課題に
中長期的な戦略で
アプローチしていく。

現在の業務内容はどのようなことでしょうか。

「Airレジ」「Airウェイト」「じゃらんnet」のiOS・Androidテックリードを担当しています。主として案件推進、生産性向上、品質改善、メンバー育成などをミッションとしています。具体的な機能を実装するよりは、俯瞰してみて仮説を立てたり、レビュアーになることが多いですね。「Airレジ」では、大規模なリファクタリングを乗り越えてどうやって継続的に健全性を保っていくかを考えています。例えば月に1日全員でリファクタリングだけをする日を設けたり、要件定義時にエンジニアがどう動くべきかを考えてみたり。Swift3への移行など自分でコードを書くこともあります。「Airウェイト」はまさに今Swift化を検討しているところです。テストコードの書きやすさだったり、概念の理解のしやすさだったりを考えて、実際にコードを書きながら設計しています。「じゃらんnet」に関しては今期からテックリードたちで開発をどう良くしていこうかと考え始めたところです。私はiOS・Androidアプリ担当なのでサーバーインフラの改善などは他のメンバーに任せて、データ解析チームなどと連携しながら中長期的な戦略を思考中です。

永井さんは学生時代にロボットを研究していたそうですね?

知能機械情報学専攻でしたので、簡単に言うと、知能を持った機械を作る研究ですね。高齢者が社会により参加するために、ICTでどういったサポートができるのかといった分野に興味を持って、システムを開発し、検証して、論文に落とし込んでといった行程を繰り返していました。

そうした中で、なぜリクルートへの入社を決めたのですか?

博士進学と迷っていたとき、リクルートなら自分が入って、やるべきことがあるんじゃないかと思ったからです。そもそも就職活動の前はリクルートをあまり知らず、開発を行っているイメージを持っていませんでした。営業の会社というイメージが強かったです。しかし、さまざまなベンチャー企業と合わせてリクルートのことも調べて行く中で、職域や領域を限定せずに「やりたければやってみればいいじゃん」といった個人の挑戦を歓迎する文化に好感を持ちました。社員に話を聞いても、解決すべき課題を抱えているけれど、そうした課題の存在としっかり向き合っている姿勢が感じ取れました。これからのビジョンを見据えて、自分が参加する意義があると思うことができたんです。

実際に入社し、働いてみてどうですか?

入社した当初は新卒のエンジニアを本格的に採用し始めた1〜2年目くらいの時で、同じ部署で実際に手を動かす社員エンジニアは同期の3人だけでした。「Airシリーズ」の部署に配属されたのですが、新しい部署だったこともありあらゆる業務において「まずはやってみる」といった感じでした。そうしたなかで「本当はこうするべきなのに」という課題が開発環境においても、エンジニアの働き方についても上がってきて、ひとつひとつ地道に改善しながら今に至っています。開発環境の向上についてはまだやるべきことがありますが、着々と改善していっていますし、今となってはエンジニアの環境としても良いと思います。自分で変えていける環境なので、特にギャップは感じていません。

エンジニアの目線から、リクルートの強みを教えてください。

アンテナが敏感な人が多いことだと思います。システム開発において、技術的な請負の仕事をできる企業は多くあるんですね。そうしたなかで、ある領域に存在する課題に対して、どこまで改善を試みるかといったところで企業ごとの違いが出ると思っています。リクルートでは中長期的な視点から課題に対して適切な改善を施すために、営業だとかエンジニアだとかの垣根なく、全員で協力して取り組む環境が整っているんです。取り組む価値を伝えさえすれば、協力が集まる環境なんです。発言に対して、役柄の拘束をまったく感じません。垣根がないので、エンジニアという職種にとらわれずビジネスの視点や汎用スキルのようなものがついていく実感があり、すごく良い環境だなと思いますね。

エンジニアとしてのスキルアップの環境も整っているのですか?

少し背伸びをするような課題をそれぞれが持って仕事が出来る、チャレンジする環境がありますね。エンジニアが単に、言われたものを作っていればいいという時代はもう終わっていると思っていて、そうした時代の流れに対応できる広い視野を持ったエンジニアとして成長できることは貴重ですよね。

そんなリクルートで、永井さんが最も成長を感じたエピソードを教えてください。

「Airレジ」の大規模リファクタリングに取り組んだときです。「Airレジ」が急激に成長していた段階で、継ぎ接ぎだらけで品質が課題となっていました。生産性と品質を改善するために大規模リファクタリングが必須な状況でした。当時まだObjective-CからSwiftに書き換えた事例は多くなかったのですが、Swift2も出た頃でその安全性・将来性を踏まえてSwiftで書き換えるときだと説得しました。課題を周囲の人に認識してもらって、自分がやりたいと思っていることを多くの人に紐付けて、協力を集めることに苦心しました。結果的にコード行数は70%も削減しましたし、今のSwiftの盛り上がりを考えてもやって良かったです。サービスの課題を改善して「1→100」に持っていくために、周囲を巻き込む話し方を学んだと思っています。職種にとらわれず主体的に裁量権を持って取り組める環境において、エンジニアとしてどうあるべきなのかといったことを、自分の成長と関連づけて再考する良い機会でもありました。

正解を積み重ねた結果が、新たな価値に辿り着く。

「1→100」の仕事で、新たな価値を社会に提供したんですね?

「やりたいこと」「解決したい課題」があるところに呼ばれてどう解決するかを考える、ということが多くなってきたので、その意味では「1→100」なのかもしれません。「What」は溢れていて、「まずはやってみる」がリクルートの文化としてあって、その中で私はそれらをどうスマートに解決するか、「How」を突き詰めたいと思っています。ただ、既存のものの課題を改善して「1→100」にすることも、実は「0→1」の積み重ねだと思っています。今までやってこなかったことに挑戦して、既存のものをより良いものに改善しているので。私に限らず、リクルートでは「0→1」の精神を多くの人が共有していると思います。副業で自分の会社を持っている人も多いですし、起業家精神の強い人が多いんです。会社の仕事に正解はないといった話をよく聞きますが、実際は正解を積み重ねて行くことで、新たな価値に辿り着くこともありますから、「1→100」を積み重ねて「0→100」になってしまうことだってあると思うんです。そうした「0→1」や「1→100」の仕事をいかに正しく積み重ねて行くかといったことを、日々考えています。

社会に対して、どういった影響を与えたいと考えていますか?

エンジニア発信の改善を当たり前にするための文化づくりがまだまだ中途半端だと思うんです。提案する側も、される側も。エンジニア、ディレクターと垣根なく、フラットな意見のやり取りが、もっと社会的に必要だと思うんです。自分の考えを誰もが持っているべきで、インプットしたものをそのままアウトプットするようなことに価値はありませんよね。リクルートでの働き方を通して、社会全体におけるエンジニアのあり方を変えたい、そう思っています。

いろんな人が居て、
協力できるからこそ、
今までにない価値を
社会に生み出せる。

リクルート入社前の永井さんに投げかけたいことはありますか?

しっかりと芯の通ったことさえ言えば、みんな分かってくれるし、一緒に動いてくれるのがリクルートだよ、と伝えたいですね。色々他の企業と迷っていたんですが、ここだったら挑戦を応援し、協力してくれる風土がある。「あいつはとがったことを言っているからちょっと出た杭打っとこうよ」みたいな話はまったくなくて、一緒にやっていこうという文化があるんです。いろんな人が居て、協力できるからこそ今までにない価値を社会に生み出せると思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?

自分自身の考えをしっかり持って、周りに発信していける人ですかね。これからリクルートに入る人には、どういう意志を持って本人が動くかというところ、そこのベースとなるものはちゃんと持っておいて欲しいですね。たとえ間違っていても、そこに意志があればそれで良いんです。その意志が間違っていても、訂正はできるんですね。意志が無いと、修正もできませんから。そういう意味では、柔軟さも非常に大事な素養ですね。

PROFILE

永井 佑樹 (ながい ゆうき)

エンジニア
2014年新卒入社
リクルートホールディングス入社後、リクルートライフスタイルへ出向し、「Air レジ」のiOSアプリ開発に携わる。「Air レジ」の生産性低下の要因となっていた技術的負債をSwift化とリファクタリングで解消し、ソースコードの70%削減にも成功。以降、iOS・Androidアプリケーション開発における案件推進、生産性向上、品質改善、人材育成をミッションとするテックリードを担当。主に「Airシリーズ」「じゃらんnet」に携わる。