• グローバル
  • 新卒5年未満

求めているものを
もっと簡単に見つけられるように。
検索で世界を変えてゆく。

白神 康平
株式会社リクルートホールディングス
人事本部
グローバル人事
IT人材統括室
次世代ITグループ
エンジニア
2016年新卒入社

東京オフィス発祥の情報共有会で
問題解決がより速く正確に。

現在はどのような仕事をしていますか?

Search Quality、通称”Squall”というチームに所属しています。たとえば求人検索エンジン「Indeed」で「エンジニア」と入力したら、エンジニアに関する仕事が出てきますよね。それが本当に入力した人が求めている情報なのか、意味のある情報になっているか。「検索品質」をさまざまな技術を使って向上するのがSquallチームの仕事です。僕の具体的な業務としては、インターネットをクロールしてこうした仕事情報を集めてくる段階で、例えば同じコンビニでのバイト情報などが複数のソースから大量に入ってくるんですが、そういう重複した仕事情報を取り除くプログラムを書いています。

チーム内の雰囲気はどのようなものですか?

Indeedの中で最もゆったりしたチームなんじゃないでしょうか。朝もゆっくりです。チーム内に先輩はいるけどいわゆる上司はいないんです。基本的に関係性がフラットなので自分の意見も言えます。先輩は近くにいるので、思いついたときにすぐディスカッションもできます。在宅勤務も許されているので、家庭を持っている人たちはお子さんの送り迎えや病気などで出社から在宅に切り替え、自宅で仕事したりしています。

チームの先輩から学んだこと、具体的に影響を受けたことはありますか?

人に見られることを意識してコードを書くようになりました。大学の研究で使うコードは基本的に自分が理解できればいい、そのとき動けばいい。後にメンテナンスすることはないという考えでした。書いたコードを本番環境に持っていくにはコードレビューを経て、そこでサービスに関わっている人たちの承認を得なければいけないので、人の目を意識しないではいられません。
いわゆる「汚いコード」でもプログラム自体のパフォーマンスが必ずしも落ちるというわけではないですが、他の人が引き継ぐときに生産性に影響を与えるので、綺麗な方がいいんだとチームに入って気づくことができました。それに自分で書いたコードでも、ひと月も経つと内容が分からなくなってしまうことがあるんですよね。でも人目を意識してきれいに書くと1か月後でも理解ができ、生産性が上がりました。

Indeedの教育制度、仕事のスキルを磨く場や機会についてはどうですか?

毎週末、1週間で学んだことを発表する「Demos Demos Demos」という情報共有の場があります。今週あった障害の原因やそれの乗り越え方、「こういうツールをつくったからみんな使ってね」といった話をします。東京オフィスが発祥で、とても評判のいい取り組みなので、最近ではオースティンの本社でも始めました。先日は他のチームの人が、スマートフォンで「Indeed」を見たときにだけ出てくるバグをその場でデモしてくれ、原因も特定していて。なかなか面白かったです。

Indeed 東京オフィスには食堂があるようですね?

はい、毎週月〜木曜日はランチ、金曜は朝食がビュッフェスタイルで提供されます。他にもお菓子やフルーツ、ドリンクが食べ放題飲み放題で、一般的な日本企業のオフィスに比べると想像できないくらい良い環境だと思います。オフィス内の他のお気に入りの場所というと、やっぱりゲームコーナーでしょうか。ダーツ、ビリヤード、卓球などがいつでもできるので、仕事中になんだか疲れてきたなというときのリフレッシュにとても役立っています。

入社前から現在の職務に関連する分野の研究をされていたのですか?

大学ではコンピュータビジョンという分野研究をしていました。分かりやすく説明すると、「ロボットの目」をつくる分野です。コンピューターに画像をつくらせるのがコンピュータグラフィックスで、一方、カメラで実世界を撮影し、そこに写っている実世界の物体を解析するのがコンピュータビジョンです。最近のカメラに搭載されている顔認証機能もコンピュータビジョンの分野ですね。
コンピュータビジョンに興味をもったきっかけとは、情報科学の研究は分かりにくいものが多いので、分かりやすい分野の研究がしたかったんです。たとえば「このアルゴリズムを改良してスピードがこれだけ上がりました」と言われても、難しくて直感的に伝わりにくいですよね。その点、画像の場合は分かりやすいんですよ。論文内で過去の研究と画像で比較し、明らかによくなっているのが伝わるんですね。そこが魅力でした。
学生時代の経験が今の業務に活かされていることはたくさんあります。やはり根幹の技術は共通する部分があるので。たとえば機械学習の技術は学生時代に学んだことが今も適用できます。

Indeed以外の企業への就職や起業など、他の選択肢は考えましたか?

実は僕、修士課程を終えるころに大手IT企業に内定をもらっていたんです。それを断って博士課程に進み、結局博士を途中で辞めてIndeedに入りました。そのときはIndeedしか受けませんでした。Indeedに入ろうと思った理由は、ちょうどそのころ博士課程でのキャリアに迷いがあったんです。そんなタイミングでリクルートホールディングス主催の「CODE FESTIVAL」というプログラミングコンテストに出場したんです。そこで、Indeedの社員に出会い、話を聞いているうちに仕事内容や職場の環境、待遇がとても魅力的に感じられ、ここだけを受けようと決めました。

日々の業務は「1→100」だが、
「0→1」の視点も
磨いていきたい。

入社して大変だったことを教えてください。

英語についてはいまも苦しんでおりまして…。ここには33の国と地域の人がいて、公用語は英語ですからね。チームにもアメリカ人とロシア人とフランス人がいますし。ここ東京オフィスでも基本的にコミュニケーションは英語で行います。インプットについては学生の頃に英語論文などを読んで鍛えられていたのですが、アウトプットが難しくて。
4月に新入社員は英語の研修に参加します。4~5人のグループにネイティブスピーカーの先生がつき、毎日6~7時間英語漬け。トピックが決められてそれに基づいてロールプレイをしたり、ディスカッションをしたり、作文を発表したり。そして5月からようやくエンジニアとしての仕事が始まります。中には入社時TOEIC 300点台という猛者もいましたが、いまではバリバリ英語を話していますよ。大変でしたが、結果的に自分のスキルになったので良い経験でしたし、いまでも引き続き勉強しています。

白神さんは「0→1」「1→100」どちらだと思いますか?

現在の業務は「1→100」だと思いますが、最近面白いと思ったのはIndeed Universityという研修で経験した「0→1」です。各国の新卒社員が本社のあるアメリカのオースティンに集まり新規事業を考える研修で、はじめは事業構想について座学を受け、チームでブレインストーミングをしながら事業をかたちにしていくというものでした。
僕のいたチームのテーマは、「ジョブタイトルページ」でした。「Indeed」には特定の会社のレビューや仕事情報などをまとめた「カンパニーページ」というものがあります。でも会社ごとの情報はカンパニーページに集約されていても、職種ごとの情報がまとまったページはなかったんです。そこで、例えばエンジニアと調べた人を、エンジニアに関する情報を統合したページにナビゲートすることができたらいいんじゃないかという話になり、各ジョブタイトルに対する「まとめページ」をつくることになりました。
僕は基本的にチームのバックエンドを担当していました。フロントエンドから呼び出すAPIや、バックエンドで持っているデータベースのデザインや実装が主な仕事でしたね。そうしたなかで日々「0→1」を感じていました。役割に関係なく、「ここをこうしたらいい」というアイデアをどんどん出していきました。みんなが共通意識をもって、自分が担当しているところはここだから、ここは自分がやったほうがいいみたいな感じで、割り当てて進めました。最終的に実装までして、Indeedの全社員の前でプレゼンをしました。研修と言っても実践です。実際に研修終了後も、有望なサービスについてはこの研修で終わりにならず、新しいサービスとしてその後も生き続けたりします。

チームの中で「0→1」、「1→100」を感じる場面はありますか?

例えば、「0→1」を感じる人は、自分で開発した便利ツールをプレゼンで発表して目立ちます。僕のチームに限らず、自分で便利だと思うツールをつくってしまう人はたくさんいます。そういった「0→1」もあれば、日々の作業の中に小さい「0→1」もたくさんあると思います。僕自身も今手掛けている業務で0から新しくWebアプリをつくることもあります。そのWebアプリというのは、仕事情報の重複を見つけるために使っている様々な特徴量やアルゴリズムの可視化ツールなんですが、そういった内部データに対する深い考察をしたいという強いニーズがありまして。というのも、特徴量・アルゴリズムの振る舞いが仕事情報の言語や地域によって変わってくることがあるんです。そこで、何がどう効いているのかということを明確にし、重複検出の精度をより良くして「1→100」にするために、新しい可視化ツールを作りました。このように、日々の業務は実は「1→100」のための「0→1」の積み重ねだったりもしますし、常に意識していますね。

自分で問題に気づき、学べる人や、
コミュニケーションを楽しめる人、歓迎。

今後ビジョンを教えてください。

自分自身のサービスみたいなものをちゃんと持って、自分でオーナーシップを発揮して、活躍できたらいいなと思います。
内部のデベロッパーを助けるツールはすでに僕もつくっているのですが、今後チームを引っ張っていけるような存在になるために、もっと大きな仕事をやっていきたいですね。新卒1年目ではまだ難しいですが、3年目でチームをリードしている人はいますからね。

どのようなスキルをもっていればIndeedで活躍できますか?

Web系のプログラミング技術がある人は、即戦力になると思います。あと、かなり大規模なデータを扱っているので、Hadoopなどの分散処理に関する知識があれば、すっと入ってこれるんじゃないかと思います。加えて、機械学習とか統計を扱える人はデータ解析などで、力を発揮できるんじゃないでしょうか。
Indeedのエンジニアの置かれている環境は他と結構違うと思っていて、分からないことを分からないと言えて、それをすぐに人に聞ける、みんながそれを受け入れて成長できる風土があるということです。上下関係があまりないフラットな環境の中で、先ほど言った能力がある人は、活躍できると思います。

白神さんの仕事を通して社内や社会に対し、どのような影響を与えていきたいと思いますか?

「Indeed」は求人検索エンジンなので、もっと世の中の人々が簡単に自分の求めている仕事を見つけられるようになればいいと思っています。究極のゴールは、ホームページにアクセスした瞬間自分に合った仕事が見つかるみたいなことですかね。すぐには難しいと思いますが、それに近づけていけるように少しずつ開発していきたいと思っています。Indeedでは「これやったほうがいいな」と思ったら随時チケットを作って解決していくという仕組みがあります。問題を発見したら、名前をつけてこういった問題があったと報告しておくんです。こうして毎日多様な視点によって改善を積み重ねて「Indeed」は日々進化し続けてます。

どんな人と一緒に働きたいとお考えですか。

セルフドリブンと言いますか、自分で問題に気付き、自分で学ぶ。そういう人がいると頼りになりますね。Indeedはセルフドリブンな人材の宝庫で、その人たちが最大限に能力を発揮できる場所。知らないことをなんでも聞ける社風があって、そういう力を持っている人たちがたくさんいます。技術的な課題に取り組むのを楽しみつつ、解決に至るまでのコミュニケーションも楽しめるような人に来てほしいですね。

PROFILE

白神 康平(シラガ コウヘイ)

グローバルエンジニア
2016年新卒入社
リクルートホールディングス入社。 「Search Quality(通称Squall)」チームで検索品質の向上に携わる。大学ではコンピュータビジョンの研究をしており、機械学習の知識は技術の根幹を支える糧に。今後はその知識を生かし、最新技術で人々が求める情報をもっと簡単に検索できるようにしたいと願う。オン・オフのメリハリをつけるため、仕事用のパソコンを自宅に持ち帰らないのがモットー。