• 新卒5年未満
  • ダブルワーク

縛られずどこでも活躍したい。
スペシャリストを目指すために
ジェネラリストに。

横関 崇志
株式会社リクルート住まいカンパニー
事業開発室
企画グループ
カスタマーマーケティングチーム
Webマーケター
2013年新卒入社

ゴールはスペシャリスト、
だからこそジェネラルな
スキルを。

現在は、どのようなお仕事をされていますか?

部署としては、7つ兼務しているので説明が難しいですね。主務は、事業開発室のカスタマーマーケティングです。リクルート住まいカンパニーの新規事業での集客を担当しています。新規事業は少ない投資でいかに効果を最大化するかという設計が重要なため、SEOの設計は細かく見ていますね。具体的には、新規ユーザーの流入について要件定義して開発へお願いしたり、どのような集客戦略にするかをドキュメント化して提示し、実行に移していくということを行っています。今の部署に異動する前は3年半、「SUUMO」本体のSEO、ディスプレイ広告、コンテンツマーケティングを担当していました。「SUUMO」本体だとかなりマーケティング施策が定型化されているため、新しい施策を取り入れる難しさがあります。一方で打ち手への投資も効果も規模が大きい。新規事業への挑戦とは違った面白さがありました。どちらかだけでなく両方の経験ができるのがリクルートの強みだと思います。

リクルートに入って何をしたいと思っていましたか?

僕はWeb総合(現 ビジネスグロース)という職種での採用だったのですが、配属面談では、「せっかくリクルートに入ったので、リクルートでしかできないことをしたいです」と伝えました。特に、たくさんお金を使う部署であったりとか、大きなサービスの開発に携われたら嬉しいというような要望を伝えました。そういう意味では、リクルート住まいカンパニーの集客では開発にも広告にも結構携わるので、当時の配属はニーズに合っていたのかなと思います。「Webマーケティングをこうしたい!」という思いで入った訳ではないのですが、結果としては、すごく貴重な体験ができていると思います。

リクルートに入社した決め手を教えてください。

学歴や役職にとらわれずみんなが高い視点を持ち、若いうちから経営陣とコミュニケーションができるところに惹かれました。大きな目線で物事を考えている人達と一緒に仕事ができるというのは実際に入ってよかったと思うところです。他にも内定をいただいている企業はありましたが、リクルートはそれらの中でも異質な集団でした。インターンシップにも参加していたのですが、すごく刺激的な集団というイメージでしたね。はじめは出版社を受けていて、元々やりたかったコンテンツを作るとか、面白い文章を出すというのは出版社でしかできないと思っていたんです。しかし、よく考えたらそうじゃないなと。IT系の企業でもできるんだと思いました。

大切にしている考えかたや今後のビジョンはありますか?

ワーク・ライフバランスと言うと最近っぽいんですけど、自分の時間を大切に、会社にとらわれない働き方がしたいと思っています。リクルートでは、スペシャリスト的な、どちらかというと専門職系のキャリアを歩みたいという思いを持っているのですが、だからこそどこでも使える人間になれるよう、資格を取るとか、会社に縛られないように、というのは意識しています。会社以外でも学べる環境はありますし、社外で学んだ経験というのも、絶対に仕事で活きてくると思うんです。スペシャリストになろうと思ったら、他の能力も一定レベル以上ないと戦えないですし、特にWebマーケティングは単なるジェネラリストが活躍できるところではないと思っているので。自分の成長のため、個人事業主のWEBコンサルタントとして働く時間を増やしたり、自分で勉強する時間を作って、ITストラテジスト試験やプロジェクトマネージャー試験といった資格をとったことも、結果的には仕事の効率化や思考レベルの向上にも繋がっていると感じています。

コンテンツマーケティングを通して
サービスのファンをつくる。

これまでに自分が変わったと感じたエピソードはありますか?

一番大きなできごとは、入社2年目の期末のことです。当時、配属されていたグループのマネージャーが卒業してしまったため、マネージャーがいない中で施策を進める経験をしました。僕は「SUUMO」のディスプレイ広告施策全般を担当することになりました。いろいろ重なってパンク寸前でしたが、今になって思えば、自分で判断して実行できた経験はすごく大事だったと感じています。「SUUMO」のディスプレイ広告施策ってインターネット業界の平均水準と比較しても投資が多くて。そういった大事な判断を年齢に関係なく任せてもらえるというのはリクルートならではだと思います。また、チームマネジメントについても考えられるきっかけとなりました。グループのメンバーやパートナー(社外の協働者)たちとみんなで協力し乗り越えられたことで、信頼関係も築けたと感じています。最近はいろんな組織を経験したことで、さらに広い視野でものごとを見るようになれたと思っています。体制や、これからの採用基準、メンバー育成はどうしようかというところにも意識が向いてきていて、そこは、僕の中で変わりつつあるポイントかなと思っています。

これまでやってこられて、ご自身は「0→1」「1→100」のどちらに当てはまると思いますか?

Webマーケティングというのは、「1→100」だと思います。他事業などで効果のあったSEO施策を実行したり、効果の良い集客サービスを見定めて予算を投下したりすることで、サイトの成長に貢献する仕事です。集客を突き詰めていくと、本当に自分の住まいを選ぶときに今掲載している情報だけで選ぶのか、というのは常に問わなければいけない。これまでなかった情報でも、「1→100」に伸ばすために必要な情報は必ずあります。キーワードマーケティングやソーシャル分析などを通して今は存在していないけど、求められている情報を見出し作り出すというところは、前人未到というか、経験とか何もないところからの始まりなので、その楽しさは感じますよね。実際にコンテンツマーケティングを通してSEOにも効き、一方でそれまでとれなかった潜在層もとれるだろうと分析して、「SUUMOタウン」というサイトを立ち上げました。記事コンテンツを作成したんですが、SEO効果も得られ、その記事を読んでファンになったという方もいっぱいいたので、意味のある施策だったかなと思います。「この記事を読んで家を買ったり、住み替えたりはしない。けれども、もし引っ越すときにはSUUMOを選びたい」というようなブログを書いてくれた方がいて。SEOだけだとサービスのファンは増えにくいんですけど、コンテンツマーケティングを通してファンをつくるという今までやれなかったことを実現できたというのはすごく面白かったです。

リクルートの環境について、どのように考えていますか?

僕からすると、「0→1」も「1→100」も一緒で、どちらの要素もないとビジネスでの成功などないと思います。リクルートが「0→1」「1→100」という中で大きくなっているというのは間違いではないですが、大事なのは、「それぞれの仕事だけを、ただやればいいということではない」ということ。僕の仕事は「1→100」で基本的に既存サービスの集客を増やそうとする仕事じゃないですか。でも集客を増やそうとすると、周りと同じことばっかりやっていてはダメだったりとか、これまでと同じことばっかりやっていてはダメなこともあるんですよね。そのときに「0→1」という局面は絶対出てくるはずなんです。そういったことが学べる環境はユニークだと思います。

リクルートの強みはどのようなことだと思いますか?

やはり人材ですね。優秀な人が多いと思います。そういう人たちがお互いを高め合おうとするところが、さらなる強みだと思いますね。全体的に、成長しようという意欲が強いのではないかと思います。大きな組織は一般的に硬直化しやすい中で、すごく面白い特殊な会社だと思いますね。特に僕らは業界の中でどんどん新しいことをやって、勝ち続ける必要があるので、業界を変えるレベルのマーケティングの打ち手を考えています。リクルートのなかで繰り広げられる、NO.1でどう勝ち続けるかという議論に助けられている部分はありますね。他の会社の真似をすることはあまりないので、やはり「0→1」の側面も強いと思いますね。

数字では表現できない
心を動かすものをつくりたい。

今後の人生における夢を教えてください。

かたちにとらわれず、いいものをつくりたいなと思います。例えばいいサービスを作るだとか、いい作品を作るようなことはやっていきたいと思いますね。今の仕事とはあまり関係ないのですが小説を書いてみるとか、あるいはアニメーションや映画などに関わる仕事をしたいと思っています。自分自身、コンテンツが好きなので、面白いコンテンツを世の中に送り出して、カスタマーの心を動かせたらいいなと思いますね。数字で表せる仕事だけやっていても、それは機械でもできるじゃないですか。AIが人間の仕事を奪うといった話もありますが、カスタマーを動かす戦略を考えるとか、コミュニケーションのありかたを考えたりすることが、人間の価値なんじゃないかと思うんです。

どんな人と一緒に働きたいですか?

僕はITに詳しいかどうかはこだわっていません。求めているのは本質を理解できる人でしょうか。そして、自分で学び続けることができる人。Webマーケティングは突き詰めると、自分で情報をとりにいこうという姿勢と、常に新しいことに対して攻めようという姿勢が重要なので、そういう姿勢を持った人間が欲しいよねって話はよくしています。そういう人じゃないと、変わり続ける環境や事業に対応できないし、自分からたくさん経験を積みにいかないと得られないものもあるので。圧倒的当事者意識とリクルートではよく言うんですけど、そんな人と仕事がしたいですね。

PROFILE

横関 崇志(よこぜき たかし)

Webマーケティング
2013年新卒入社
大学在学中より、IT関連の会社で広告営業やマーケティング、ライター・編集業務をアルバイトで経験する。リクルートホールディングス入社後、リクルート住まいカンパニーへ出向し、「SUUMO」のWebマーケティングを担当。SEOをメインに、ディスプレイ広告、コンテンツマーケティングなどを経験した後、リクルート住まいカンパニー 事業開発室企画グループのカスタマーマーケティングチームにて、新規事業のオンラインマーケティングを推進するチームのリーダーを担当している。現在の担当サイトは「SUUMO ハウスサービス」「SUUMO 介護」「SUUMO タウン」など。7つの部署を兼務し、プレーヤーとマネージメントの両側面で活躍。