エンジニアが「開発だけやればいい」時代は終わった。Takramとリクルートが“越境人材”の育成に取り組む理由——田川欣哉・小川健太郎

田川欣哉/Takram代表取締役

小川健太郎/株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 プロダクトディベロップメントユニット ユニット長

破壊的変化が定常的に起こるビジネスシーンにおいて、もはや「安定的」な職業は存在しない。

ITビジネスの未来を担う若手人材が、変化の担い手になるためのスキルセットとは何か。また、そうした人材が非連続な成長を遂げるための組織とは、どのようなものか。

かねてより、破壊的変化を生き抜く人材の要件定義「BTC(ビジネス、テクノロジー、クリエイティビティ)」を提唱してきた、Takram代表・田川欣哉氏は、自著『イノベーション・スキルセット』で、“越境”への強い意識を持つことこそが重要だと説いている。

リクルートライフスタイルの小川健太郎は、2012年の入社以来、IT人材の発掘・育成に注力してきた人物である。「エンジニアはただコードを書いていればいいわけではない」という方針のもと、開発組織がテクノロジー領域のみならず、ビジネス領域へと越境する牽引者となった。

対談の前編となる本記事では、分野越境型の組織開発の重要性と、その軌跡、お二人が考えるファーストキャリアの選び方について話を伺った。