リクルートによる学生向けキャリアインタビューサイト。
「会社を使い倒す」ためのヒントを届けます。

「30歳で役員になれなかったら、退職する」——高校進学を諦めかけた男が、リクルートの基盤事業の経営者になるまで

佐古 龍/株式会社リクルート住まいカンパニー ネットビジネス統括本部 プロダクトマネジメント1ユニット グループマネージャー

市場規模約40兆円——たった一つの産業で、日本のGDP(国内総生産)のおよそ7%を占める巨大な市場が、不動産である。

参入するプレイヤーは増え続けており、現在法人数は32万を超えている。しかし、まだまだIT化が進んでおらず、市場には情報の非対称性など“不”が少なくない。その不動産領域において、IT化の旗振り役を目指すのが、国内物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「SUUMO」だ。

「SUUMO」の中でも、基盤事業である賃貸事業のプロダクト責任を担うのが、現在入社5年目、弱冠27歳のプロデューサー・佐古龍である。

佐古は過去、勉強ができず、「高校進学すら難しい」と言われた経験を持つ。彼はいかにして、リクルートの大黒柱の責任者へとキャリアを切り拓いてきたのだろうか。彼の過去を振り返り、キャリアを拓く思考と行動を紐解いていく。

*不動産ポータルが掲載する賃貸、マンション、戸建、土地の日本全国総計 2019年9月末時点(株)東京商工リサーチ調べ