リクルートによる学生向けキャリアインタビューサイト。
「会社を使い倒す」ためのヒントを届けます。

「30歳で役員になれなかったら、退職する」——高校進学を諦めかけた男が、リクルートの基盤事業の経営者になるまで

佐古 龍/株式会社リクルート住まいカンパニー ネットビジネス統括本部 プロダクトマネジメント1ユニット グループマネージャー

市場規模約40兆円——たった一つの産業で、日本のGDP(国内総生産)のおよそ7%を占める巨大な市場が、不動産である。

参入するプレイヤーは増え続けており、現在法人数は32万を超えている。しかし、まだまだIT化が進んでおらず、市場には情報の非対称性など“不”が少なくない。その不動産領域において、IT化の旗振り役を目指すのが、国内物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「SUUMO」だ。

「SUUMO」の中でも、基盤事業である賃貸事業のプロダクト責任を担うのが、現在入社5年目、弱冠27歳のプロデューサー・佐古龍である。

佐古は過去、勉強ができず、「高校進学すら難しい」と言われた経験を持つ。彼はいかにして、リクルートの大黒柱の責任者へとキャリアを切り拓いてきたのだろうか。彼の過去を振り返り、キャリアを拓く思考と行動を紐解いていく。

*不動産ポータルが掲載する賃貸、マンション、戸建、土地の日本全国総計 2019年9月末時点(株)東京商工リサーチ調べ

なぜ今、リクルートがデザイン組織の構築に“再挑戦”するのか?—— Goodpatch 土屋尚史・リクルート 磯貝直紀

2018年に経済産業省が「『デザイン経営』宣言」を発表。IT企業を中心にデザイン領域を管掌する経営層を設置する動きが強まるなど、「デザインは企業の産業競争⼒の向上に資するものである」という認識が強まっている。デザイナーの需要や価値認知が高まるにつれ、今度はデザイン組織の構築にも目が向けられるようになってきている。

こうしたトレンドの中で各社ともデザイン組織の構築を模索する中、デザイン会社として100名を超えるデザイナーを組織化しているGoodpatchの土屋尚史氏は「経営層がデザインの価値を認識し、組織を構築しなければいけない。そうでなければ、デザインの持つ価値を発揮することはできない」と語る。

ハードウェアから、ソフトウェア中心の産業へと移行する中で、デザインがもたらす価値とは。そして組織化にむけ乗り越えるべき壁とは。

本記事では、創業当初から経営レベルでデザインの重要性を強く意識していたリクルートにおいて、改めて今の時代の「経営とデザインの融合」を目指しデザインマネジメント組織を率いる磯貝直紀と、土屋氏との対談をセット。デザインに注目が集まる背景から、現代に求められる“デザイン組織のありかた”まで、お話を伺った。