キャリアウェブ制度活用の事例

キャリアウェブ制度活用の事例

マーケター
データサイエンティスト

01
スキルの軸を増やすため、
「IT×ビジネス軸」から「技術軸」へ

異動時期:新卒入社/4年目

進路領域×マーケター→SaaS領域×データへ

制度活用前の仕事

3年間ネットマーケティングに携わる。『ゼクシィ』『スタディサプリ社会人大学院』などのサービス集客の広告運用、3年目では『スタディサプリ進路』のマーケティングチームでリーダーを担当。

制度活用の理由

若いうちはスキルの軸をとにかく増やそうと考えたため。複数のサービスを担当し、ビジネス側のことは一定掴めたため、次は技術的な軸に挑戦したいとデータサイエンティストへの異動を決意。折角ならリクルートの将来を担うであろう成長領域に身に置きたいと考え、SaaS領域のデータソリューショングループへ応募。

現在の仕事

現在は、Airペイ加盟店舗の離脱防止のためのデータソリューション開発を担当。機械学習の手法で離脱のリスクが高い店舗の予測を行い、予測結果を解釈可能な形でアウトプットすることで事業側が店舗様への離脱防止フォローを実施するサポートをデータ側から担当。

制度を活用した感想

自分はとにかく世の中の課題解決をするのが好きなのですが、そのためにはビジネスセンスと技術力が両方必要だと思っています。なので、ビジネスとサイエンスを両方行き来することが大事だと思っており、キャリアウェブは非常に良い機会になったと実感しています!

コーポレートスタッフ
UXプランナー

02
新規事業立案で見つけた自身の課題・挑戦したいことから、得たい経験×興味領域へ

異動時期:新卒入社/4年目

人材開発領域×人事/新規サービス企画→SaaS領域×UXプランナー

制度活用前の仕事

3年間人材開発室に所属し、1年目では採用施策の設計やブランディングに携わり、2年目から新規サービス立ち上げに参画、コンテンツ企画、戦略策定と幅広い業務を担当。ミッション外では新規事業立案制度『Ring』にて審査通過し、事業化検討に注力。

制度活用の理由

まず、Ringの事業化検討を通して、ビジネスには「価値」「対価」の両輪の設計が必要であると痛感。「対価」の検討力を伸ばしたいと感じ「収益モデル事業」に携わりたいと考えた。次に、「プロダクトのビジネス検討・開発に関与できる職種」で、プロダクトマネジャーとしてプロダクトの成長を牽引していく経験を積みたいと思い、職種を検討。また、自身の原体験も踏まえて最も当事者意識を持てる飲食×SaaSの領域に挑戦したいと考え、応募。

現在の仕事

現在は、既存のSaaSプロダクトのUXディレクションを担当。また、新規サービスのビジネス検討、プロダクト開発の推進にも従事。

制度を活用した感想

新型コロナウィルスによって大打撃を受けている飲食業界への価値創出はこれからです。飲食業界が盛り上がりを取り戻すまでは心から異動して良かったとは言えないので、ここからが勝負だと思っています。ただキャリアウェブの際に設定した選定基準とマッチする部署に異動でき、積みたいと考えていた経験ができている点は充実感を感じています。

顧客接点
コーポレートスタッフ

03
2軸の経験を掛け合わせ、canを最大限生かせる
新たなフィールドに挑戦

異動時期:中途入社/リクルート5年目

HR領域×顧客接点→旅行領域×広報

制度活用前の仕事

新卒メディア領域の顧客接点として、ソリューション営業を担当。『リクナビ』のメディア媒体の営業だけでなく、クライアント様の戦略を踏まえ、どんな学生さんを採用したいのかを一緒に考え、採用コンセプトを策定する業務などを担当。

制度活用の理由

「自分のcan(できること)を増やし続けたい」という想いが強く、職種変更も選択肢の一つに考えていた。「前職で新聞記者をやっていた経験」と「営業で学んだこと」のそれぞれを生かせそうな今の部署の募集を見つけ、キャリアウェブに挑戦してみようと決心。

現在の仕事

リクルートの旅行領域の社外広報を担当。自社と世の中の間に立って、旅行領域がクライアントやカスタマーのために日々、一生懸命に取り組んでいることを社外に発信。一方で、世の中やメディアの関心事を社内に伝えることも。(毎日のニュースの確認が欠かせないです!)

制度を活用した感想

特に、自分の強みが生かされていると感じる瞬間は、キャリアウェブして良かったと実感します。また、営業時代に学んだことが広報の仕事にもいきていて、前の部署の同僚にそのことを伝えたら、「自分の仕事にもっと自信が持てるようになった」と言ってもらえることも自分自身も励みになり、嬉しいことですね。