プロダクトグロースコースUXプランナー

事業戦略を踏まえ、短期的なUI改善から中長期の戦術検討までを幅広く担当し、事業を成長させる

リクルートが誇る社会的影響力の大きいプロダクトの成長を担い、UXプランナーとして様々な施策の戦略策定・戦術実行を牽引。具体的には、アクセス解析等の定量調査、インタビュー等の定性調査を通じてカスタマー、クライアントの課題を抽出し、解決策としてのIA/UI設計、新機能、新商品の企画をします。

01

UXプランナー プロジェクト事例「カーセンサー」
360°画像商品の開発

カーセンサー

実施概要ネット上で中古車内外装を
360°画像で閲覧できる新機能を開発

中古車情報メディア『カーセンサー』にて、ネット上で中古車の内外装を360°画像で閲覧できる機能を開発。中古車販売店が取り扱っている中古車本体の”見た目や外装””内装やデザイン”を、店舗訪問せずとも『カーセンサー』のネット上から360°画像で閲覧できるようになる新機能をリリースした。

この機能により、店舗訪問前のイメージと実物が異なるというようなギャップを小さくするとともに、ユーザーが店舗に実際に足を運ぶ前から「本当に欲しいクルマ」を絞り込むことが可能になった。本プロダクトはグッドデザイン賞を受賞した。

背景とミッション機能/フローを磨き、
運用負荷を軽減。
営業と共に素早い全国展開を推進

中古車の購入において、「店舗に足を運ぶ前に、状態を確認した上で問い合わせするか決めたい」といったカスタマーのニーズはあったものの、クライアント側での撮影の必要など運用負荷の高さがネックで、過去にも導入検討はされたが見送られてきていた。

しかし、改めて当時の担当は、デザイン組織の体験設計などの強みを活かすことで競合優位性につながるのではないかと考え、再検討を実施。

クライアントの一連の業務内容、そしてカーセンサーへの入稿作業を分解し、プロトタイプを作成しながらスムーズな入稿が出来るよう入稿ツールやフローを磨き込んだ。またそれを広くクライアントに届けられるよう、社内の営業組織に対しても、新商品である360°画像についての勉強会実施や、全国の営業で発生した悩みなどに対してチャットツールを通じて回答していくなど、営業伴走なども徹底。

結果、一気に全国のクライアントから360°画像のサービスも利用いただけるようになった。

02

UXプランナー プロジェクト事例「Airレジ ハンディ」
セルフオーダーの開発

Airレジ

実施概要お客様のスマホから注文する
新スタイルを確立したプロダクト開発

お店が提示するQRコードをお客様に読み取っていただくだけでお客様のスマホから注文できるようになる、ストレスフリーな注文スタイルを実現するプロダクト。

特別なアプリのダウンロードや、事前の登録も不要。お客様はスタッフを待つことなく、好きなタイミングで注文できるため「機会損失」が減少。お店のスタッフはこれまで以上にお客様へのサービスに注力することができるように。

元々持っていた「身の回りの生活をより便利にするサービスを作り、実際に生活を変えていきたい」という想いから、プロダクト開発に取り組んだ。

背景とミッション実店舗訪問で見えてきたオペレーションの不からプロダクトを新たに企画

フロアスタッフがいないと注文ができない飲食店。スマートデバイスが普及している中で、その形が最適解ではないと考え、どういった解決方法があるかを検討。実際に飲食店に足を運びヒアリングや、飲食店でのオペレーションなどを観察しつつ、「店員が来るのを待つ」「注文したものと違う商品が来る」など注文の不に着目し、その課題解決に向けたプロダクトを検討。プロトタイプを作成しながら実店舗での検証を行い、プロダクトを作り上げた。

UXプランナー応募方法・入社後の配属

UXプランナーになるには、「プロダクトグロースコース」に応募する必要があります。
学生のみなさんの適性・志向に応じて、以下の3つの職種いずれかに配属されます。

プロダクトグロースコースに応募 入社後、以下3つの職種のいずれかに配属 UXプランナー OR マーケター OR プロダクトマネジャー

※全コース共通の募集要項はこちらからご確認ください。

ENTRY・LOGIN